赦すふりから本当の赦しに変化するために

「心が満ち足りている神信仰とは?」で、次のようなコメントをいただきました。

「ところで今回の話題なんですが、あ~ここここって言う部分があっさり終わってしまったので、不完全燃焼しました。
>本当に赦そうと思うなら、赦す振りをすることを止め、
>自分自身では決して赦せないことを認める必要があります。
>その時はじめて神の力が私たちの上に及ぶようになります。
この、『その時』が気になったんですね。
赦すふりから、本当の赦しに変化するために、
私たちはどのような行動を具体的にすべきかについて、
ありのパパさんは、どのようにお考えでしょうか。」

それで今日は、この問題をさらに深く考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

1.自分自身を赦す

①自分自身を赦すことを自己受容という

自己受容していない人は、自己受容できていない両親に育てられた場合がほとんどです。
それで人によっては親を責めます。
しかしこれは的外れです。
そんなことをしても自分の心の癒しにはちっとも役に立ちません。

ご両親も自己受容できていない祖父母に育てられたため、自分の子供を受容できなかったのかもしれないのです。
ありのパパはこれを「呪いの連鎖」と呼んでいます。
イエス・キリストの十字架こそは、この呪いを断ち切る唯一の武器なのですが、教会の現状を見ていると、どうもそのようになっていないようです。

②聖霊第三の波が教える「家系図の呪い」

アル中の家系には確かにアル中が多くいますし、暴力をふるう家系には確かに暴力をふるう男性が多くいます。
しかし聖霊第三の波が言っていることは全く間違っています。

いくら悪霊追い出しをしても、家系からアル中の悪霊も、DVの悪霊も出て行きません。
却って聖霊第三の波の教会に教会員への人権侵害が多発しているのを見れば、逆効果になっているのを見ることができます。

③家族の中で誰かが自己受容できれば、呪いの連鎖を断ち切ることが出来る

クリスチャンであっても、自己受容をしていなければ、未信者と変わるところはありません。
これがクリスチャンであっても、未信者以下の行動をしてしまう本当の理由です。

2.真に効果あるやり方

罪の悔い改めに関して、昔はよく「風呂敷包みをほどいて、一つずつお詫びしなければなりません」と言われていました。
自分自身を赦すということに関しても、この原則が当てはまります。
単に自分自身を「赦す」と言うだけでは一人芝居でしかありません。
では風呂敷包みをほどくとは、何を意味しているでしょうか。

①誰を恨んでいるか。

自分自身を赦すためにまず必要なことは、誰を恨んでいるかを明確にすることです。
恨んでいるので人を恨む自分自身を赦せないのです。
具体的にやることは一枚の紙に恨んでいる人の名前だけを書き出します。
これは大変心理的抵抗の大きい作業です。
しかしこれをしない限り真の解放を経験することはありません。
気を付けることは、恨んでいる理由は書かないで名前だけ思い出す限り全部書くということです。

②誰を恐れているか?

次に自分が恐れている人を書き出します。
これも名前だけを思い出せる限り全部書き出します。

③誰を傷つけたか。

最後は自分が傷つけた人を思い出す限り、全部書き出します。
ここまでは名前だけを紙に書きます。

3.自分自身の棚卸(たなおろし)

名前を書く作業が終わったら、今度は心の棚卸の作業に入ります。

①その理由は何か?

2の①~③に書いた一人一人について、恨んだり、恐れたりしている理由を書きます。
この作業も事務作業のように淡々と進めます。

②なぜ傷つけられたのか?その原因と理由

例えば誰かに愛されずに傷ついたとします。
なぜそうなったのか、冷静に考えられる原因を書き込みます。

③自分はどこで誤ったか?

次に恨みや恐れを手放すことが出来ない理由(自分の性格上の欠点)は何か。
また人を傷をつけてしまった自分の性格的な欠点は何かを書き出します。

○悪いのは誰かという犯人探しのためにやっているのではないことを確認する必要があります。
これをやっている目的は、今を生きる「私」が生き生きとした人生を生きるためです。

◎このようにして鍵のかかった心の倉庫の棚卸をするとき、あなたは過去の呪いから解き放たれることが出来ます。
このために悪霊追い出しや、悪霊との戦いなどをする必要はありません。
私たちが本当に心が満ち足りている神信仰を持とうとするなら、この棚卸をやる必要があります。
祝福を祈っています。

今日の文章はAAの12ステップの4番目のステップに当たります。
12ステップの詳しい解説ややり方が書かれた「回復のステップ」は以下のところから購入が可能です。

ネットショップの作成・運営なら店舗数No.1のカラーミーショップ
「カラーミーショップ」は月額900円で始められるネットショップ作成サービスです。利用者数国内No.1!どんなに売れても手数料はいただきません。350種類以上の機能で、デザインも自由自在!サポート体制も充実。無料のスマホアプリでらくらく運営できるのは「カラーミーショップ」だけ。
スポンサーリンク

コメント

  1. 通りすがりの猫(通猫) より:

    おおおおおお!
    ありがとうございました。_ミ_ _ミ_
    そうでしたか。AAの・・・・。
    【キングズキッドの生き方】という本に、AAが登場してくるのですが、内容をかいまみれました。
    感謝です。

  2. arinopapa より:

    通猫さん、こんばんは。
    コメントありがとうございます。

    アメリカの映画やテレビドラマなどでは、これでもかというぐらいAAのことが当たり前に出てきます。
    アメリカでも未信者の教会に対する反発は強いようですが、ことAAに関してはそうでもないようです。
    多分、多くのアル中・薬物中毒者が回復した実績があるからだと思います。
    精神病院が応急処置をして、AAを紹介し、患者は継続的にAAに出席することにより癒されていくということが認知されているのだと思います。

    どうぞ日本でも教会が同様な働きをなすことができますようにとは、わたしの切なる祈りです。
    よいクリスマスのシーズンをお過ごしください。

  3. 通りすがりの猫(通猫) より:

    コメント感謝します。

    つまり、逆に言うと、日本は実績の無い教会が多いと言う事ですね。
    あるいは、あっても、人に知られていないというのも、ありそうですね。

    なるほど、医者と教会の連携があるんですね。

    日本は協力しあうという事がほとんど無いしなあ・・・・。

    わかりました。
    ありがとうございました。

  4. arinopapa より:

    通猫さん、こんにちは。
    コメントありがとうございます。

    実は日本においても実績はあるのです。
    精神病院においてもAAの集会がもたれています。
    それはひとえに治癒率の高さの故です。

    日本ではカトリック教会を会場にしてAAの集会がもたれているところが大変多いです。
    一人のカトリック宣教師が孤独のゆえにアル中になりました。
    派遣している宣教団体はその人を罷免したりせず、かえってその方でなければ出来ない宣教を委ねました。
    それが日本においてAAが拡がっていく契機となったようです。

    しかし今のところ会場を貸しているだけで、教会が主体的に活動はしていません。
    リック・ウォレン牧師の教会は教会主体の12ステップを行っておられます。

    またコメントしてください。
    年の瀬になりましたが、風など引きませぬようお元気にお過ごしください。