褌の作り方(その2)

今日はふんどしの作り方について書いてみたいと思います。
なぜならgoogleで「ふんどし 作り方」というワードで検索して来られる方が多いからです。

「褌の作り方」で検索される方が多いというのは、多くの方が褌を自作しようと考えていることを表していると思います。
それはそうでしょう。
西洋股引き(ももひき=パンツのこと)でも今どきなら千円も出せば、高級品が買えるというものです。
それが縁(ふち)を縫っただけの褌が、千円以上します。
これは市場が小さいのでコストを下げることが出来ないので、人件費が影響して売値に跳ね返っているのでしょう。
それなら手作りというか、自作しようと考えるのは当然です。

スポンサーリンク

1.褌の作り方

①布地は何がいいか?

褌に使う生地は晒(さらし)が一番でしょう。
というか晒以外は手に入りにくいのが現実だと思います。
(ガーゼでも作れます。)

②どこで手に入れるか?

一番容易なのは、祭り専門店です。
祭り専門店が近くにない場合は、ごく一般的な洋品店ということになります。

アマゾンでも購入できます。
ありのパパはこの晒を使っています。

③どうやって縫うか?

全幅の場合は縫う必要はありませんが、自分に合うサイズに生地を切り取った場合は縫う必要があります。
その場合はミシンで縫うことになります。
切り取った側だけを縫うのではなく、両方を縫います。
切り取った方だけを縫うと、縫わなかった方がペラペラになり、伸びてしまうからです。
(追加訂正:一年程度で雑巾にするなら片方だけで十分です)
なお両端(生地の短い辺の方です)は縫う必要はありません。
縫ってしまうと、かえって締めるときゴワゴワして邪魔になります。

なお、ミシンはギザギザ縫いがきちんとできるものであれば、何でも構いません。
しかし通信販売などで安い値段で粗悪品を売っているところが多くありますので、注意が必要です。
ちなみに「通販生活」(カタログハウス)というところで売っているミシンは三万円しますが、実にきれいに縫えます。

④褌の幅をどうやって決めるか?

これはウェストの四分の一の長さが標準であると覚えておくと良いでしょう。
ふんどしを腰痛予防のために締められる方は全幅(ぜんぷく)が良いと思います。
幅が短くなればなるほど、腰痛予防の効果は少なくなっていきます。
しかし全幅の場合ですと、ズボンをはくことを考慮すると、あまり実際的ではないかもしれません。
というのはタイトなズボンの場合ですと、外から褌を締めているのが分かるかもしれません。

ありのパパはそんなことは全然平気なのですが、新幹線などの硬めの座席に座るときの違和感に耐えられず、全幅は断念しました。
ということでご自身の腰痛の程度と、日常生活の様式を考慮して、丁度いい幅を見つけるのが一番だと思います。
ちなみにありのパパは現在は腰痛も落ち着いていますので、幅20cm程度のものを締めています。

⑤一反(いったん)の生地から何本の褌が作れるか?

標準で三本とれます。
ウェストサイズが73cm以下の場合は4本取れます。
そんなに高いものではありませんから、初めは三本で作り、自分で締めてみて、両端が余るようであれば切り取れば良いと思います。

⑥市販品を購入する

ここまでお読みになって「やっぱり手作りは手間がかかるな」とお思いになった方もおられるでしょう。
そのような方はアマゾンなどで比較的安く購入することも出来ます。

販売元のホームページから購入すればメール便での送付が可能になり送料が無料になります。
稲田布帛工業所

ここからは褌を常用していて気づいたことを書いてみたいと思います。

2.褌の効果

a.褌はいびき防止にも効果があります。

いびきは仰向けに寝ているとき、気道がべろに塞(ふさ)がれることによって発生します。
褌を締めて寝ると、仰向けになると褌の縦の部分が布団と自分の体に挟まって、痛いというか違和感を感じます。
それで眠っていても、自然に横向きになって寝るようになります。
それでいびきをかかなくなるという訳です。
いびきというと皆さんはなんでもないと思うかもしれませんが、睡眠時無呼吸症候群と聞けばドキッとするのではないでしょうか。
この睡眠時無呼吸症候群は眠りの深さを浅くし、体の各器官に与えるダメージも大きいといいます。
実際ありのパパも褌をして眠るようになってから、深く眠れるようになったというか、睡眠の質が改善されたのを感じています。

b.褌は前立腺疾患にも効果がある(かもしれない)(笑)。

褌の股下を通る部分が、前立腺にも絶えず刺激を与えます。
これが前立腺に良い影響を与えているのではないでしょうか。

男女とも更年期を過ぎると、病気のデパートとも言える状態になりがちです。
今でこそ、前立腺ガンは最も回復率が高いガンということになっていますが、以前はそうではありませんでした。
前立腺は二つあり、片方が病気になると前立腺ガンとなり、もう片方が病気になると前立腺肥大になるのだそうです。
栄養が行き届いていない時代では、歳をとると前立腺は小さくなっていったのが、今は栄養過剰が理由で肥大すると言われています。

これ以外に聞いてみたいことがありましたら、どうぞ遠慮なくコメント欄から質問してください。
お待ちしています。

スポンサーリンク