バラムと日本の教会

今日は日曜学校でよくお話されるバラムという占い師の話です。
バラムの記事を読むと、日本人的感覚から言うと、これのどこがいけないのかと思ったりもします。
しかし聖書語句辞典で「バラム」を引くと、出てくるわ出てくるわ、バラムの悪口オンパレードです。
いわく「彼のようになってはならない」「彼の道を歩んではならない」
どうやらイスラエルの人々にとっては「バラムのようになる」という言葉は絶対的な総否定を意味する言葉であるようです。

スポンサーリンク

1.神による警告

聖書は、わが国の大河ドラマのように、微に入り細に入り説明してくれません。
ただあったことを淡々と記しているだけですから、読む私たちが想像力をたくましくして、真の原因を探っていかなければなりません

①建前と本音が違う生き方

聖書がバラムのことを糞味噌(くそみそ)に言っている理由は、バラムの本音と建前が分離していたことだと思われます。
聖書に記されているバラムのセリフは「行きたくないけど、どうしましょうか?」というものですが、どうやら本当は金目当てで行きたかったようです。[第二ペテロ2:15,ユダ書1:11]

②欲に目がくらむと御心が分からなくなる

神が行ってはならないというのに、何回も「どうしましょうか」と尋ねるバラムの本音をご存じの神は行くことを許します。
しかしこれが神の積極的な意味における御意(みこころ)でなかったことは次のことから明らかです。

『なぜろばを三回も打ったのか。ろばの前に立ちふさがったのはわたしだ。あなたが行ってはならない所に向かったからだ。ろばの目にはわたしが見え、三回も方向を変えようとした』[民数記22:32,33]

神はバラムが行かないように天使を送って進路を妨害したのです。
しかし欲に目がくらんだバラムは霊的に盲目でしたので、なぜロバが前に進まないのか悟ることが出来ませんでした。

③ロバがしゃべる。それが何か?(笑)

ロバがしゃべるという、リベラル派キリスト教が唖然とするような聖書箇所ですが、ありのパパには面白くて堪らない箇所です。
地の塵(ちり)から人が造られたのだとしたら、ロバが喋(しゃべ)るぐらいのことなど何でもありません。

2.私たちにとってのロバとは何か?

目に見えるロバだけがロバではありません。
ここで言うロバとは、私たちが神の御心を理解せず、滅びに通じる道を進んでいるとき、私たちには見えないものが見える人たちのことを言います。
この人たちには私たちに見えないものが見え、それゆえ私たちに警告を発してくれるのです。
しかし残念ながらバラムと同じように、欲に目がくらむと滅びへの道を一直線に突き進むのが人間であるようです。

戦前、日本の教会も同じことをしました。
神道原理主義政府の圧迫に負け、少しずつ少しずつ妥協しました。
そして気がつくと、国は滅び、民は死に絶え、周辺国には癒しがたい甚大な被害を与えてしまいました。
では日本の教会にロバは与えられていたのでしょうか?
疑いようもなく与えられていました。

①内村鑑三の不敬事件

無教会派のクリスチャンであった内村は、天皇の写真(御真影)に積極的に敬礼することが出来ませんでした。
それを見咎(みとが)めた神道原理主義者によって、迫害され、教職を追われました。
無教会主義という一風変わった教会論を主張する内村は、日本の伝統的な教会から見ると変わり者でした。
この時、彼を積極的に助けた教会はありませんでした。

②美濃ミッション日曜学校生徒の神社参拝拒否事件

日曜学校に通う女子生徒が集団神社参拝の際、一人だけ敬礼をせず、直立不動でした。
彼女は絶対に偶像礼拝を行いませんでした。(神様、いのちの冠(かんむり)をもって、この小さき者を祝福してください!)
この時、マスコミを総動員して美濃ミッションへの激しい攻撃が行われましたが、この時もすべての日本の教派・教会は彼らを見殺しにしました。
教会人の内心は「おとなしくしていれば良いのに。なぜこんなときに騒ぎを起こすのか」というものでした。
彼らは露程(つゆほど)もこの事件がバラムを乗せたロバの役割をしていると悟ることが出来ませんでした。

③ホーリネス教会弾圧

神道原理主義体制の総仕上げとして、ホーリネス弾圧がありました。
教会人は自分が生き延びるのが精一杯で、同じ主にある兄弟のことなど知ったことではないというのが本音だったようです。
この時も「無学のただ人(ただびと)」であったホーリネスの教職が、主によって選ばれた神の警告を発するためのロバであることを気づくことが出来ませんでした。

結局、日本の教会もバラムと同じように神の警告を無視して、滅びの道を一直線に歩みました。
もし彼らが自分の生命を差し出してでも、これら変わり者と呼ばれる人々、小さき者たち、無学のただ人を守ったなら、日本も、日本の教会も、今とは全く違った姿であろうことは確かなことでしょう。

3.神は現代日本の教会にもロバを与えておられるか?

これも疑いようもなく与えられています。

①香田証生君拉致事件(2004/10/28)

この日本基督教団所属のクリスチャンホーム出身の青年は、真実が常にマスコミによって提供されるとは限らないことを知っており、自分の目で確かめるべく、イラクに飛び立ちました。
しかし現地の武装組織に身代金目当てで誘拐されたあげく、惨殺されました。
実はイラクで人質になった人の中には、多くのクリスチャンが含まれています。
これらの人たちが、日本の世論からバッシングを受けたとき、彼らを守ろうとしたキリスト教会の動きはありませんでした。
みんな評論家のようでした。
カトリック教会などは、マザー・テレサを持ち出して、彼女もたびたび危険を顧みず、一見向こう見ずな行動をしたが、彼らと違って一人では決して行動せず、常に組織で行動したと言いました。(カトリック新聞・ホームページより)
この方はマザー・テレサが初め一人きりで「貧しき者たちのための宣教者会」の働きを立ち上げたのをご存じないか、あるいは故意に事実を自分に都合の良いようにねじ曲げておられるようでした。(失礼な言い方をお許しください。)

彼も神様が日本の教会にお与えになったロバであると受け止めています。

②カルト化教会の被害者救済の問題

この事件ぐらい、自分さえよければ、自分の教会さえ良ければ、後はどうなってもかまわないという日本の教会の体質があらわになった事件はないと思います。
この事件を広く知らしめたリベラル派クリスチャンのブログには、多くの賛意を表す書き込みと共に、目を覆いたくなるような薄汚い書き込みもまた多いのです。
自分の教会が加害者であるにもかかわらず、被害者面(ひがいしゃづら)をして「迷惑しています」みたいな書き込みがどうして出来るのか、本当に信仰をもっているのか疑わしいクリスチャンが多く存在しています。

この犯罪の被害者の方々は、私たちには見えないものが見えた人たちです。
そしてその故に私たちへの警告としての叫びをあげておられるのです。
もしバラムのように、その警告を無視するなら、その行く先は滅びにほかなりません。

③ブラジル人ホームレスの問題

ブラジルからやってきた日系ブラジル人の子弟の多くは、日本での義務教育を受けていません。
景気が良いときは外国から呼び、景気が悪くなったら自分の国へ帰ってもらうというのは、経済活動の原則から言えば当然です。
しかしそれを言うのなら、まず国家としてやるべきことをやってから言わなければなりません。
すべての日本国内に居住する子供たちには教育を受ける権利があります。
その権利を何年間も放棄させたため、日本語の読み書きは出来ない、母国語も忘れている状態で、それで国に帰れと言っても、だれも「はい分かりました」とは言えません。

彼らに対してカトリック教会が中心になって支援活動を行っていますが、一般の教会の反応はそれは冷たいものです。
日系ブラジル人もまた、神様がお与えになったロバであることを知らなければなりません。

◎昔、イスラエルの人々は「私たちの時代に預言者が与えられていれば、殺されずにすんだのに」と言いました。
それを言った同じ人たちがイエスを十字架につけたのです。
戦前の教会の失敗を人ごとだと思ってはなりません。
そう思っている限り、必ず同じ失敗を繰り返します。
そうならないためには神がお与えになられたロバの叫びをよく聴くことです。
そして自分の向かっている道は滅びの道ではないかと、よくよく注意することです。

コメント

  1. ヒラぴゃん より:

    ありのパパさん、おはようございます。
    旧約聖書のバラムのお話を大変に興味深く読ませていただきました。

    >「ロバがしゃべるという、リベラル派キリスト教が唖然とするような聖書箇所ですが」

    この箇所は、以前、聖書をどのように理解すべきかという議論のときに私が例として持ち出した箇所ですが、私としては、事実としてロバがしゃべったとしたら、それが事実かどうかの議論は「ロバの言語中枢や発声器官の有無」というような生物学的な問題にまで発展してしまい、聖書本来の意味からそれてしまうのではないだろうか? それよりも、ここで大切なことはロバが警告を発したということの意味を問うことではないかと言いいました。

    そして、今回のブログでパパさんは、まさに私が言ったとおりに、この聖書箇所が現代の私たちに伝えようとしたメッセージを取り次いで下さっています。パパさんの今回の(今回も)メッセージは見事だと思います。パパさんの今回のメッセージは、リベラル派である私にも何の違和感もなく心に響きました。(今回だけでなく、いつも心に響いたり、大切なことを教えられたりしています)

    もし、パパさんが、ここでロバがしゃべったことを「科学的」な仕方で立証しようとしたら、きっと私は、パクッとくいついて、福音派とリベラル派の応酬が始まったと思いますが、そうならなくてちょっと残念(笑)

    また、いつかそんな議論もやりましょう。

    • arinopapa より:

      ヒラぴゃんさん、こんばんは。
      コメントくださりありがとうございます。

      「パクッと食いついて」のところで大受けしてしまいました(笑)。
      ○旧約聖書を現実の世界に適用するということをしない限り、だれも旧約聖書を読まなくなるでしょうね。
      ○「ロバが喋る」の件ですが(笑)、福音派の論理は「そんなこと当たり前」⇒「それをどのように適用するか」です。
      リベラル派の論理はヒラぴゃんさんが仰る通りであると思います。
      しかしこの論理構成であると、読者に与えるインパクトが弱くなり、次第に聖書を読む人がいなくなるのではないかとも思いました。
      いかがでしょうか?(でも反論は結構です(笑))
      今は日曜の夜は頭が倦(う)んでいますので、何を言われても考えることが出来ません((爆))。
      今週は祝日がありますね。楽しんでくださいませ。では。