なぜ日本の教会はリバイバルしないのか?

スポンサーリンク

1.アニミズム的世界観を払拭(ふっしょく)しきれていない。

①聖書の背景にあるのは、当然のごとく一神教的世界観です。

唯一の神の御前で、人間は生き、そして死に、生きている間に行ったすべてのことについて神の御前で申し開きしなければならないのです。
これに対して、セカンド・チャンス論などの背後にあるのはアニミズム的世界観です。
ここでは三位一体の唯一の神は、暗黙のうちに相対化されています。
神は天地万物を支配なさる絶対者ではなく、救いの切符を切ってくれる『もぎりのおじちゃん』に過ぎません。
キリストは私たちが信じて救われるべき唯一の名ではなく、信じないよりは信じた方が良い存在になります。
また『聖霊』は『精霊』へと変質します。
皆さんはまさかと思うかもしれませんが、彼らの主張の中にすでにその傾向は現れています。

②「神は日本を愛しておられる」というスローガンの下に、戦中・戦前に我が国がなした侵略行為を正当化しています。

『全世界に出て行って福音を宣べ伝えなさい。』と命じられた神の言葉を無視するのでなければ、このような妄想とねつ造の歴史観を振り回すことは出来ない話です。
神は日本を愛しておられるだけでなく、日本が侵略した国をも愛しておられるのです。
神は日本が侵略・併合することによってではなく、その国の人々が自主・自立の精神によって国づくりに励むことを願っておられたのです。
その御意を踏みにじって、自国の利益のためにアジア諸国を侵略しました。
その神の御意への不従順の結果、神の裁きを受けたのです。
これが聖書を神の言葉と信じる者が持つ、正しい歴史観です。

○このことを見ても明らかなように、彼らの神は天地万物を支配なさる神ではなく、日本という一国だけを愛している彼らにとっての都合の良い神に過ぎません。
これは真の神ではなく、アニミズムの神々です。
そのような視点で彼らの主張を読んでいくと、聖書の視点からは決して納得できないことが、アニミズムの視点からなら不思議に納得できます。
結論として、セカンド・チャンス論をはじめとする万人救済論はアニミズム的世界観を色濃く反映したものであると言うことが出来ます。

2.教会が万人救済論を受け入れるならリバイバルの炎は消える。

我が国ではまだリバイバルが起きていないうちから万人救済論にやられてしまっているのではないでしょうか。
彼らにとって「救い」は、あの世で救われるよりは、この世で救われる方がまし程度のものでしかありません。
しかし『信じないよりは信じた方がまし』程度の切迫感で、誰が伝道するでしょうか?
誰も伝道しません。
その証拠に万人救済論に立つ教会で伝道の必要を叫ぶ者はいても、実際に熱心に伝道に励む者を見たことはありません。

3.教会が万人救済主義を受け入れると霊的な命も力も消えてしまう。

今まで見てきたように一神教的な絶対的な神観が、キリスト信仰の前提になっているのです。
その前提を無効にして、神の愛だけを説いても、それはチープな博愛主義と何ら変わるところがありません。
神の義と神の愛の二つを信じているときにだけ、キリスト信仰は霊的命を保持できるのです。

○誰の心の中にも万人救済主義的考えが潜んでいます。
ありのパパの中にも潜んでいます。
今回このような文章を書くことで、自分の中にも「死後の裁きはどうなるかわからない」というあやふやな考えがあるのを知りました。
クリスチャンの一生は、このような異教的思想を自分の中から見つけ出し、追い出し、克服して、真に神の子らしく成長していくことであると言えます。

コメント

  1. 通りがかりの猫 より:

    リバイバルしないわけ

    アニミズム(汎神論)って、そうなんですか。ははあ。

    貴重な情報ありがとうございました。

    えと、「リバイバルしないわけ」という事で、私にも言わせてください。

    それは、長年、私がこの問題を考えてきたからです。

    まず、祈らないのが原因。と考えています。

    クリスチャン生活の3要素は、御言葉、賛美、祈祷だと思いますが、御言葉と賛美は、多少遅れていても、祈りが強烈なところは、神の業が起きています。

    2005年だったとおもいますが、世界のトランス・フォーメーションを取材して、世界に流しているジョージ・オーティス・ジュニア氏が、FGBjapanに、やってきまして、その時のメッセージがたまたま手に入ったので聞いて見ました。

    世界のトランス・フォーメーションは、その説教した時点より半年前までは400箇所あり、そして半年経過した現在は1000箇所。

    現象の起こり始めは、2人から12人までの祈りから始まる。つまり、誰かがこの祈りを開始する必要があるということです。

    日本の多くのクリスチャンは、世の仕事に追われています。特に、リーマンショック以前は過労死というものが言い表すように、男性クリスチャンが祈れないように仕向けられてきました。

    クリスチャンから時間を奪えば、聖霊の力が弱くなる事を、悪霊は知っているので、給料をどんどん安くして、就労時間をどんどん大きくしていきました。

    その他に近年、いままで、休止してきた祭りが次々と復活していきました。日本人があまりにも偶像に仕えるので、神の業が起こらない。と、ある先生は言っていました。

    その先生は、日本人一人当たりの最低祈祷時間は3時間と言っていました。この数字はもっともな数字で、私が自分で試したところ、2時間過ぎた辺りからだんだん霊の感じが変ってきて、2時間半過ぎた辺りから、やっと神様との壁がなくなってきたように感じるからです。

    そして、現在は5時間祈っていますが、それで感じた事は、3時間では、互角の線です。状況を変えたくない悪霊との戦いではフィフティフィフティです。

    韓国のあるクリスチャン宣教師が、宣教報告の中で、日本で祈ると眠くなります。私のために祈ってください。というのがありました。

    この国は、祈る事において、他国よりものすごく重圧があると考えています。これが一つの問題と思います。

    次に、教会には、神の言葉より強い言葉が蔓延しているというもので、それは「時間だ」と言っていました。

    時間を気にする国民は、神の業が起こりづらいというのが、分かったそうです。

    つまり、聖霊の働きには時間がかかるのですが、それをさえぎってしまうのが、「タイムリミット」というものであると、ジョージ・オーティス・ジュニア氏は言っていました。

    それ以外に、私が感じている事を言いますと、情報過多の地域は、神の業がおきづらいと感じています。

    霊は言葉と聖書にありますが、日本人は、聖霊の言葉以外に、たくさん見聞きしています。

    霊は水と一緒で、高いところから低いところに流れます。つまり、情報も霊の一種とみなすと、それら情報源に多く接触すれば、聖霊以上に、人をコントロールできると考えています。

    それら情報源は、たくさんの権益がかかっていますので、ほとんど、拝み屋(テレビのコマーシャルは実際危険)が、関わっていると思われます。

    それで、これらの情報に含まれた悪霊の影響力に打ち勝つためには、そこに流れている霊の力よりも、大きな霊の力をこちらが持っていれば、パワーは逆流しますので、こちらに悪霊の影響は出て来ないという事になります。

    なので、その霊に打ち勝つためには、異言の祈りが大事と考えます。それは異言の祈りは、本人が特に気にしていないような、霊的欠点を具体的にとりなしている場合が多いからです。特に霊的パワーが不足であれば、異言で祈る必要があると考えています。

    オカルト(隠された)の力を、意識的には信じていない人でも、そういう力が実際、働いている事を知っている日本人は多くいて、自分が信じていないにも関わらず、霊的な場所や行事には参加しています。

    おそらく、日本人自体、霊的な人種なので、霊的なものが無いと心が寂しいからだと思います。

    もし、そういう体質であるなら、日本人が聖霊を受け入れたら、さぞかしものすごい戦闘部隊が出来上がるんじゃないかと、わくわくしています。

    最近のニュースで、北朝鮮にアメリカより多く特殊工作員がたくさんいるという話を見ました。日本人クリスチャンは、霊的特殊工作員となる性質を持っていると感じているのは私だけでしょうか。

    あと、集まりのリーダーは、意識変革が必要だと思われます。それは、いま目の前にいる人々に対するミニストリーではなく、この集まりを去って行ったその先をミニストリーするように、祈る必要があると思います。

    そうしないと、目の前にいる人が満足して帰っていくだけで、増え広がる事は決して無いと思いますので。

    なんか、思い当たる事を、つらつら書いてみました。

    めんどくさかったら、レス不要です。

    本当に、自分のお仕事をしながら、こういう内容のブログを毎日更新しているというのは、すごいことと、ありのパパさんに感謝し、主の御名を賛美します。

    主の祝福がゆたかにありますように。

  2. arinopapa より:

    猫さん、こんにちは。
    コメントありがとうございます。

    >原因は祈らないことにあると考える。

    ○確かにそうです。
    しかし私は「祈らない」のではなく、「祈れない」のだと考えています。
    チョー・ヨンギ先生の集会のとき、先生が「祈りましょう」と絶叫しても、ほんの3分間ぐらいしか祈りが続きませんでした。

    ある神学者がアニミズムの世界に生きる人がキリストの福音を生きるようになるためには、キリストとの人格的交わりが必須であるといいました。
    キリストとの人格的交わりのみがアニミズム的世界観から解放されて生きる道であるというのです。

    この主張に当てはめて日本の状況を考えてみると、ぴったり来ることが多いです。
    (この本の評者によると、現在の世界で最もアニミズム的世界であるのは、ほかのどこでもない日本であるとのことでした。)

    >悪霊との霊的戦い

    ○私は最も有効な霊的戦いは、キリストとの人格的交わりであると信じています。

    その次に日本文化の負の特色である
    a.神よりも人の目を恐れる村社会意識
    b.神の義よりも己が義を優先する武士道精神
    c.キリスト以外のもので心を満たす偶像礼拝
    これらの誘惑に陥らないように絶えず目覚めて祈っている必要があると考えています。

    ○アルゼンチンからの宣教師に、「あなたは個人的に祈るとき、父なる神様のことを何と呼んでいるの?」と聞くと、「パパ!って呼んでるよ。」と答えました。
    日本人クリスチャンは個人的に祈るときでも「父なる神様」と祈る人が多いんだよと言うと、心底驚いた様子でした。
    この出来事が、神様を自分のお父ちゃんだと感じていないことが、日本人クリスチャンの祈れない真の原因ではないかと思い至ったきっかけでした。

  3. ハウスウォッチャー より:

    ありのパパさん、こんばんは。
    通りがかりの猫さんのおっしゃることは、もっともだと私も思うのですが、これには、微妙な点があるように思えて来ました。
    むしろ、霊的な道具一式である12ステップは、リバイバルの鍵につながっていますよね。

    • ありのパパ より:

      おはようございます、ハウスウォッチャーさん。
      コメントをありがとうございます。

      そうですね。全く同意いたします。
      キリスト教の真の力は、本当に人を変えることができるところにあると思います。

      教会が12ステップにどのように取り組んでいくかという課題は、大変やりがいのある仕事ですね。

      またコメントしてください。お待ちしています。