第一のものを第一にするとき、人生も会社経営もうまく行く

命よりも自分の財産を優先したばかりに塩の柱になったのがロトの妻でした。
携帯音楽プレイヤー市場よりも音楽著作権を優先したばかりに携帯音楽プレイヤー市場を失ってしまったのがソニーです。

私たちはここからどんなことを学べるでしょうか?

        

1.永遠の命と財産とどちらを一番にするか?

新改訳聖書では「自分のいのちを救おうと努める者はそれを失い、それを失う者はいのちを保ちます」[ルカ17:33]と訳されている有名な御言葉があります。
しかし、この訳文を現代日本語文法によって正しく理解することは不可能です。
なぜなら訳文を文字通り理解しようとすると、二律背反になるからです。
ありのパパの聖書理解の前提は『聖書は絶対にそのままで人間に理解できるものである』というものです。
もし理解不能であるとすれば、聖書以外のどこかに問題があるのです。

この場合も、直前の聖句の「ロトの妻を思い出しなさい」が正しく理解する鍵となります。
ロトの妻は決して後ろを振り返ってはならないと言われたにもかかわらず、自分の財産惜しさに後ろを振り返ってしまい、塩の柱になってしまった人物です。
この人を教訓としなさいと言われているのです。

ですから、このところの正しい解釈は「自分の財産に執着がある人は、自分に与えられている永遠の命を失ってしまう結果になり、イエスのために自分の財産を献げる人は、豊かな永遠の祝福を受けることが出来る」ということになります。

        

2.第一のものを大切にした会社と二番目のものを大切にした会社

ソニーとアップルという二つの会社があります。
ソニーは携帯用音楽再生機を世界で最初に発売した会社として有名です。(ちなみにこのウォークマンを開発したのはクリスチャンです)
しかしソニーは著作権にかかわる事業もしていたので音楽著作物をデジタル化することをしませんでした。(なぜならデジタルですと、音質の劣化なしに複製可能となるからです)
それに対して後発のアップルは音楽事業をしていなかったこともあり、積極的に音楽著作物のデジタル化を進め、ipodを発売し、携帯音楽市場を独占するようになりました。

これは自分が持っているものの中で、一番大切なもの(携帯音楽市場)を一番にせず、二番目に大切なもの(音楽著作物)を優先した結果、一番大切なものを失う結果になった端的な例です。

一番に大切にすべきものを一番にし続けるかどうかを問われ続けているのが、人間の一生であると言えないでしょうか?
人生の最後に、神から「あなたは最も大切にするべきものを一番にし続けたから、豊かな永遠の命が与えられる」と言っていただくことが出来るなら何と幸いなことでしょうか。

◎平安と祝福を祈っています。

こちらの記事もどうぞ

  • 命にいたる悔い改めと死にいたる後悔と命にいたる悔い改めと死にいたる後悔と 「神の御心に沿って悲しむなら満足すべき悔い改めに至るが、世俗的な悲しみは命の死をもたらす」〔コリント教会への手紙第二07:10〕 1.命にいたる悔い改めとは何か? ①問題がない振りをしない 問題がない振りをするこ […]
  • ヘイトスピーチについて聖書はどのように教えているか?ヘイトスピーチについて聖書はどのように教えているか? 今日は皆さんとご一緒に聖書はヘイトスピーチについて何と教えているかを見てみます。 1.川崎市におけるヘイトスピーチデモ阻止について 先頃、ようやく我が国でも「ヘイトスピーチ禁止法」が成立しました。 言論・表現の自 […]
  • 無力を認めた振りと真に無力を認めたことの違いはどこに現れるか?無力を認めた振りと真に無力を認めたことの違いはどこに現れるか? 1.預言者エレミヤとユダの民の対立の真の原因 「ユダは本心ではわたしに立ち帰ろうとせず、立ち帰るような素振りをしただけであったと主は仰せられる」[エレミヤの預言4章10節] この当時、主の民はイスラエルとユダに […]
  • もしあなたの上司がキリストだったら?もしあなたの上司がキリストだったら? 「人の下で働く人は、キリストに従うように自分の上に立つ人に従いなさい」[エペソ教会への手紙6章5節] 1.上司がキリストのような人でなかったら? 「キリストのような人だったら、従えるんだけどね」とおっしゃる方よ。 […]
  • あるべき親子関係について聖書から学ぶと、親子の問題は解決する!あるべき親子関係について聖書から学ぶと、親子の問題は解決する! 聖書的な親子関係とはどのようなものでしょうか? 親子関係について聖書が教えている箇所を見ていきます。 1.聖書が子どもに教えていること ①子どもは、主を信じる者として自分の両親に従いなさい。それは主に喜ばれることだ […]