異言を伴う聖霊のバプテスマ

異言を伴う聖霊のバプテスマの問題を皆さんとご一緒に考えます。

スポンサーリンク

1.異言を語ることのみをもって聖霊のバプテスマを受けたとするのは合理的か?

①体験から考察する

昔は、ホーリネス派の信徒もペンテコステ派の信徒も、聖霊のバプテスマを受けるために断食をし、徹夜をし、与えられるまで祈りました。
それが今はどうでしょうか。
「は~い、口を開いてハレルヤと続けて言ってごらん。そうすると異言が出てくるから」
舌がもつれて「ハレルダ、ハララララ」と言うと、「おめでとう。あなたも異言を伴う聖霊のバプテスマを受けました」となります。
まさか「一丁上がり」などと心の中で言っていないと思いますが、あまりにも安易なインスタントなやり方であると思わされます。
リバイバルの切り札(きりふだ)といわれるペンテコステ運動ですが、そうなっていない現状を見ると、もしかしたら安易な方法で異言を語らせるというやり方に問題があるのかもしれません。

②聖書から考察する

父の約束を待ち望めといわれた弟子たちは、共に集まって祈っていましたが、それが聖霊のバプテスマであることは知っていましたが、異言が伴うことは知りませんでした。
弟子たちは「もう一人の助け主」がおられなければ(しかも自分のうちに)、大宣教命令を果たすことができないことを知っていました。
それで熱心に聖霊の現れを求めて祈ったのですが、実現するまでに何日間も掛かりました。
これは何を意味するかというと、神の御意のときに与えられるということであり、祈りを通して与えられるということです。
それを自分から口を動かして唇を意識的にもつれさせて異言を語ろうとすることは、初代教会の弟子たちが求めなかったことを求め、祈りを通して与えられことを自分から作り出すという点において、はたして聖書的と言えるでしょうか?

➂論理的に考察する

「AはBである」とき「BはAである」といつでも言えるでしょうか?
この式に当てはめて見ると「聖霊のバプテスマに異言は伴う」が真理であるとき「異言に聖霊のバプテスマは伴う」はいつでも真実であると言えるでしょうか?

「私があなたを愛している」とき、いつでも「だからあなたも私を愛している」と言えるでしょうか?
今どきこんなことを言うと「きもい~」とか「ストーカー」と言われるのが落ちでしょう(笑)。

2.そのように指導されて異言を語り始めた人々は聖霊のバプテスマを受けていないのか?

いいえ、決してそうではありません。

①異言抜きの聖霊のバプテスマを既に受けいていた可能性がある

ペンテコステ派神学者の中にはその可能性を否定する方もおられます。
その方々は経験と学識があり、神との関係においても疑う余地のない交わりの豊かさを持っておられる方々です。
しかしありのパパの経験と聖書を照らし合わせてみて、また聖霊の働きが神の主権的な働きであること、そして私たちクリスチャンが脆弱な人間性を持った存在であることを考えると、聖霊のバプテスマを受けたときに異言を語らない可能性があると考えるものです。
異言を絶対に認めない教会で育ち、異言を語ること即教会放逐を意味することが分かっているとき、無意識の領域で抑圧が働き、たとえ異言を与えられていても語りださないという可能性があると思うのです。
それが異言を認め歓迎する雰囲気の中で適切な指導がなされたとき、抑圧していた異言が出てくるケースがあるのではないでしょうか?

②多様な神の業を否定してはならない

異言を語るようになってから積極的に伝道するようになったなど、明らかな内的変化が見受けられるとき、決して人間の側で神の御業を否定するようなことをしてはなりません。

また、異言を語り始めて何十年も経ち、しかもずっと異言で祈り続けているという告白があるとき、少なくとも受けた異言は本物であると言えるのではないでしょうか?
そのうえで自分は聖霊に満たされていないと思うなら、神様との交わりの中で聖霊充満の願いを申し上げると良いでしょう。

3.どうすることが一番良いことか?

原点に戻ることです。
初代教会に戻ることが只一つのキリスト教の回復の道です。
またペンテコステ運動もはじめの有り様に戻ることが唯一の回復の道だと考えます。
昔の信者が、聖書と賛美歌だけを持って山にこもり、聖霊のバプテスマを受けるまで断食して祈り続けたように、現代に生きる私たちもそうすべきではないでしょうか?

◎異言を語ることを求めるのではなく、聖霊のバプテスマをこそ求めるべきです。
平安と祝福を祈っています。

スポンサーリンク

コメント

  1. 冬猫 より:

    初めまして。
    バプテスト派に所属するクリスチャンです。
    ただ、正直言いまして、宗派などの知識に乏しく今一つ区別がついてないのですが、福音派なんですよね。

    私の教会はベースがアメリカなのですが、異言については一度も聞いた事がありません。
    ですが、小グループの学びで一緒になった方でペンテコステ派に所属している方がいらしてました。
    私が救われるきっかけに、その方の異言の祈りが関わっていて(その時初めて存在を知りました)ずっと気にはなってました。

    それが、うちの教会でもリバイバルに目を向けたメッセージが始まってからこの異言がすごく気になり、ネットで調べていてこちらに辿り着きました。
    ありのパパさんの色々な記事にはとても共感する事が多く、またうちの牧師たちも同じような事をいつも言ってる気がするので、教義に違いがある派と言うことに驚いています。

    前振りが長くなりました。
    色々なところを見た結果、最近多分これが異言ではないかという状態で祈り始めています。
    全く不思議体験はなく、ただ祈ろうとしたときに口から分からない言葉が出てくるだけです。
    その間、祈りたい相手の顔をひたすら思い描きます。

    毎日ではないですが、心の底から祈りたいときは出てくるようになりました。
    そして、自分の中にあるわだかまり(ある種の偶像)がなくなり、神様の深い憐みを感じ始めた気がしています。

    一人で家での事ですが、これも異言をたまわったと思ってよいのでしょうか?
    異言を持って聖霊のバプテスマを受けたって思ってもいいものでしょうか?
    特に何の儀式も手順もなく、異言で祈れてみたいと願ってやってみた事です。

    どこかで、聖霊の力以外での異言もあり、注意するようにとあった気がします。

    そうであれば、危険な事をしている事になります。
    正しく異言であるかどうかの見極めはどうすればよいと思われますか?

    私の中では、心の中に何か変化を感じたので(実証できませんが)、神様とつながったと思いたいところです。

    • arinopapa より:

      冬猫さん、こんばんは。
      コメントしてくださり、ありがとうございます。

      お問い合わせの件は、①語っている異言は、真性の異言であるか②聖霊のバプテスマも同時に受けたと考えて良いのか、の二点ですね。

      ①「神の深い憐れみを感じ始めた」ということから考えて、真性の異言を受けたと考えることが出来ます。

      ②この問題は微妙です。ペンテコステ運動の先輩たちは聖霊のバプテスマを求める中で異言が与えられました。
      逆も真なりとすることが出来るかどうかについて、私には確信がありません。

      只、次の三点がリトマス試験紙になると思います。
      一つは自分をありのままで受け入れることが出来るかどうか、二つ目は人々をありのままに受け入れることが出来るかどうか、三つ目はキリストの救いを躊躇なく人々に伝えることが出来るかどうか、です。

      もちろん人間はどこまで行っても罪人であり、完全ということはありません。
      ですから無力を悟るたびに神さまの元にいき、十字架の恵みに満たしていただくという営みがクリスチャン生活そのものです。
      そのような営みの中で、なおなお聖霊に満たしていただくわけですから、今現在のご自分が聖霊のバプテスマを受けているのかどうかということは、実際には余り問題にはならないのではないかと考えます。
      冬猫さんは、如何お考えでしょうか?

      これからもよろしくお願いいたします。
      またコメントしてください。お待ちしています。

  2. 冬猫 より:

    なるほど
    実はうちの教会の学びには聖霊のバプテスマは出てこなかったので(まだ通い始めて5年ほどですが)、それがどういうものなのか、受ける必要があるのか自分の中で知識がなかったのです。

    ただ、私自身がACであり、教会の学びの中でも「人を赦す」と言う事についてどうしても抵抗感があり、どう祈っていいのかもわからない中で、異言の祈りという言葉がずっと心に引っ掛かっていました。

    それで試したのです。

    この祈りの中で、癖になっていた自己憐憫ではなく、他の人の持つ苦しみの映像とともにその人に対する深い憐みを感じて泣いてしまいました。
    その時、聖霊が主がその人を憐れんでいる事を私に伝えているのだと感じ、私自身は悲しみとともにその人が神に立ち返ることを真剣に祈る事が出来ました。
    この経験から、私の心の空洞を神様に満たしてもらったと思えたので私は実際はこの体験でも十分だと思っています。

    信仰生活を通して聖霊に満たされる事が聖霊のバプテスマだということであれば、確かに今そうでなければならないという気持ちはないので、今現在に満足します。

    ありがとうございます。

    • arinopapa より:

      冬猫さん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      「心の空洞を満たされる」ことが聖霊のバプテスマです。ハレルヤ!
      そして新たに心の空洞を示されるたびに、主に聖霊に満たしていただきます。

      わたしの全くの個人的意見ですが、ACは異言で祈る賜物を伴う聖霊のバプテスマなしに信仰生活を続けるのは大変困難であると自覚しています。
      異言で祈る賜物を伴う聖霊のバプテスマを神が備えておられるのは、神のACに対する憐れみの故であると信じています。

      またコメントしてください。お待ちしています。