物事を続けるコツ

皆さんは、始めたは良いけれど、なかなか続けることができないということはありませんか?
物事を続けるにはどうしたら良いでしょうか。
今日は典型的な怠け者であるありのパパが見つけた、物事を続けるこつをご紹介します。

それは三つ以上のメリットを見いだすことが出来れば、続けることができるというものです。
「なぁんだ。簡単じゃないか」という人よ。
その通りです。秘訣というものはいつも簡単なのです。

能書きはそのくらいにして実践例に移りたいと思います。

スポンサーリンク

1.布団の上げ下ろし

布団の上げ下ろしをすると、三つ良いことがあるようにしました。

①布団を使ってスクワットを行う

一日に二回やるとして一年で730回×10回=7300回のスクワットを行うことが出来ます。
これをスポーツセンターに行ってやろうとすると時間とお金が掛かりますが、布団の上げ下ろしをスクワットにしてしまうと難なく7300回のスクワットを行うことが出来ます。

②押し入れに乾燥機を置く

押し入れの中に小型乾燥機を置いて、押し入れにしまっている布団を乾燥させるようにしました。
それまでは夏の間ダニに悩まされていたのですが、高温・湿気・栄養というダニが繁殖する三大要素のうちの湿気を取り除いたことによりダニに悩まされなくなりました。

③布団を畳むことによって、部屋がきれいになったところを想像する

この三つのことにより、布団の上げ下ろしが面倒でなくなりました。
毎日喜んで布団の上げ下ろしをしています。

2.ウォーキング

ウォーキングも健康によいのは分かっているのですが、なかなか続けて行うことが出来ませんでした。
これも三つのメリットを見いだすことによって、ウォーキングに対する心理的抵抗感が小さくなりました。

①小川のそばを歩く

川の流れを見ながら歩くと、心が癒されることに気づきましたので、体は前に向けて、顔は川の水面を見て歩くようにしました。

②ウォーキングしつつ筋トレを行う

信号などで停まっている時、日常ながら運動を行うようにしました。
おもに大胸筋と上腕筋と腹筋を自重を掛けて鍛えるようにしています。
効果は思ったより大きく、加齢による筋肉の減少に歯止めをかけることが出来ています。

③祈ったり賛美する

祈りながら歩き、人がいない時には賛美歌を歌ったりします。
この三つにより楽しくウォーキングを行えるようになりました。

3.出張

定期的に出張しなければならないのですが、実はそれを面倒に感じていました。

①出先の名物を食べる

予めネットなどで調べておき、安くておいしいと評判のお店を調べ、仕事の合間に食べに行くようにしています。

②サウナに入る

サウナを備えているホテルに泊まり、2時間ぐらいサウナを堪能します。

③電気製品を見て歩く

東京に出張の場合は秋葉原に行くことが何よりの楽しみです。
「ひょっとしてここは天国か?」と思う時もあるぐらいです(冗談です)。

この三つを実行することにより、出張に行く前には胃液が出ていたのですが、そんなこともなくなりました。

ありのパパは無理やりにでも三つのメリットを見つけるようにしています。
メリットを三つ見つけることが出来たものは長続きしますし、何より嫌々やることから解放されます。
このようにして生活の中からストレスを減らすことが可能です。

◎皆さんも続けたいものがおありなら、また行うことが義務となっているものでストレスを感じることがおありでしたら、どうぞ三つのメリットを探し出してください。
平安と祝福を祈っています。

スポンサーリンク