日常の小さきことをやり続けるコツはメリットを三つ見つけること

皆さんは、始めたは良いけれど、なかなか続けることができないということはありませんか?
物事を続けるにはどうしたら良いのでしょうか。
今日は典型的な怠け者であるありのパパが見つけた、物事を続けるコツをご紹介します。

それは三つ以上のメリットを見いだすことが出来れば、続けることができるというものです。
「なんだ。簡単じゃないか」という人よ。
その通りです。秘訣というものはいつも簡単なのです。

能書きはそのくらいにして実践例に移りたいと思います。

スポンサーリンク

1.布団の上げ下ろし

布団の上げ下ろしをすると、三つ良いことがあるようにしました。

①布団を使ってスクワットを行う

一日に二回やるとして一年で730回×10回=7300回のスクワットを行うことが出来ます。
これをスポーツセンターに行ってやろうとすると時間とお金が掛かりますが、布団の上げ下ろしをスクワットにしてしまうと難なく7300回のスクワットを行うことが出来ます。

②押し入れに乾燥機を置く

押し入れの中に小型乾燥機を置いて、押し入れにしまっている布団を乾燥させるようにしました。
それまでは夏の間ダニに悩まされていたのですが、高温・湿気・栄養というダニが繁殖する三大要素のうちの湿気を取り除いたことによりダニに悩まされなくなりました。

③布団を畳むことによって、部屋がきれいになったところを想像する

この三つのことにより、布団の上げ下ろしが面倒でなくなりました。
毎日喜んで布団の上げ下ろしをしています。

2.日毎に12ステップを踏む

①スクワットしながらやる

ありのパパは毎日12ステップを1から12まで踏んでいます。
やり方は依存症からの回復を目指す施設で教えられた12ステッププログラムの概要を確認する作業です。
これを座ってやると、思念が迷い出し、あれもこれもといろいろ考え出し、時間がかかって仕方ありません。

それがスクワットしながらやると、余計なことを考えなくなりました。
おまけにステップの12まで行くには8分から10分ぐらいかかりますので、何十回もスクワットができます。
おかげで脚がとても鍛えられています。

②朝一番でやる

朝一番でやると、何より一日をスタートする精神的準備が整います。
これなしには怖くて一日を始めることができません。

③スクワットにひねりを加える

スクワットするだけでなく、一回スクワットしたら体をひねって後ろの壁に手をつき、顔を前方に向けます。
そうすると、腰・首などがねじれ、とても気持ちがいいです。

朝起きたときに肩や首に違和感を感じる方は是非お試しになってください。

スポンサーリンク

3.出張

定期的に出張しなければならないのですが、実はそれを面倒に感じていました。

①出先の名物を食べる

予めネットなどで調べておき、安くておいしいと評判のお店を調べ、仕事の合間に食べに行くようにしています。

②サウナに入る

サウナを備えているホテルに泊まり、2時間ぐらいサウナを堪能します。

③自助グループに参加する

出張時に開催される自助グループのミーティングを予め調べておき、その日の夜や翌日の午前中にミーティングに参加するようにしています。

この三つを実行することにより、出張に行く前には胃液が出ていたのですが、そんなこともなくなりました。

ありのパパは無理やりにでも三つのメリットを見つけるようにしています。
メリットを三つ見つけることが出来たものは長続きしますし、何より嫌々やることから解放されます。

皆さんも続けたいものがおありなら、また行うことが義務となっているものでストレスを感じることがおありでしたら、どうぞ三つのメリットを探し出してください。
このようにして生活の中からストレスを減らすことが可能です。

◎平安と祝福を祈っています。

スポンサーリンク

どうぞコメントをお残しください。初めてコメントなさる方は必ず自己紹介をお願いします。自己紹介のないコメントを承認することはありません。詳しくはメニューの「コメントしてくださる方へ」をご覧ください。