聖書を真に理解するためにはパラダイム・シフトが起きる必要がある

聖書を読んだ感想を聞くと「よく分からなかった」という感想が多いようです。
その原因は違った価値観に基づいて書かれている聖書をパラダイム・シフト(視点の転換)なしに読もうとしていることにあります。
どうしたらパラダイム・シフトを起こすことができるでしょうか?

スポンサーリンク

1.人は無意識に超自然的出来事を無視する

新約聖書のルカによる福音書の05章01節から26節には、癒しの記事が立て続けに出てきます。
ありのパパは以前はこのような癒しの記事を読んでも何とも思いませんでした。
もっと正確に申し上げると、確かに目からは聖書の文字が入ってくるのですが、心と頭にヒットしないのです。
これが文化的制約ということであると後から知りました。

それで聖書を読むときに、癒しと印と不思議と奇跡が出てくるところにマーカーペンで印をつけるようにしました。
すると聖書はマーカーペンの印だらけになりました。
それをずっと眺めていると、ありのパパの中に視点の転換(パラダイム・シフト)が起きるのを感じました。

2.個人的体験の有無が聖書理解を左右する

これで一見落着と思ったのですが、そうではありませんでした。
しばらくすると癒しの記事を読んでも何も感じず、以前のように漠然と読み過ごすようになりました。
なぜだろうかと考えてみると、思い当たるフシがありました。
それは『個人的体験』ということです。

たとえば自分と性格が似ている人物が登場する聖書個所は感動するし教えられることも多いのに、自分と似ていない登場人物の場合はそうでもないということが、皆さんにはないでしょうか?
ありのパパですと、ヨセフやサムエルには共感するが、ダビデやモーセにはあまり共感しません。

同様に自分が病で苦しんだ経験がないありのパパは、癒しの記事を読んでも共感する心の素地がないのです。
しかしアダルトチルドレンであることに苦しんできましたので、聖書の中にアダルトチルドレンと思われる人が出てくると共感の雨あられとなります(笑)。

皮膚病の人が癒された記事を読んでも、自分がそうでない場合は読み過ごしてしまいがちです。
しかしご自分がアトピーで苦しんでいたり、皮膚がんに罹(かか)っている場合は、決してこの個所を読み過ごすことはないでしょう。

3.共感性は育むことが可能

私たちは意識して共感性を豊かにする訓練を行う必要があります。
その方法は、自分に当てはめてみることです。
たとえば失恋して苦しいと訴える人がおり、自分は初恋の人と結婚したので失恋したことがない人であったとしても、ほかの何かの経験に置き換えてみるのです。
「自分は失恋のことはわからないが、親友と喧嘩して結局それっきりになったとき味わった苦しみと共通点があるのかな」と考えてみるのです。
そのようにしていくと、いつかは自然と共感する感情がお腹の中から湧き上がってきます。
ありのパパもそのように自分を訓練したところ、癒しの記事を読むときに癒しが人ごとではなくなっているのを自覚するようになりました。

◎平安と祝福を祈っています。