一日断食で健康に生きる(その2)

「一日断食」が近頃流行っているようです。
それで今日はありのパパが実践している断食についてお話してみたいと思います。
健康とダイエットにも有効ですので、是非お読みください。

スポンサーリンク

①断食の種類

断食には何種類かのやり方があり、また目的によって呼び名も違います。
宗教目的のためにやる場合、断食と呼び、医療目的のためになされる場合、絶食と呼び、健康増進のためにやる場合、ファースティングと呼びました。
これは同じことを言っているのですが、医療従事者が断食という言葉に含まれている宗教的要素を嫌い、絶食とかファースティングと呼んだのでした。
しかし結局、「検査の前の日は絶食してください。」のような用い方以外の場合は、断食という言葉が共通して用いられるようになったようです。

さて断食の種類には、大まかに言って三つあります。

②長期・中期断食

これが最もポピュラーであり、昔ながらの断食です。
40日間の長期断食から一週間ないし三日間の中期断食があります。
やり方は、たとえば一週間の断食の場合ですと、減食といって少しずつ食事の量を減らしていく期間を一週間とります。(この期間のことを減食断食と呼びます。)
そして本断食に続いて、今度は食事の量をもとに戻す期間を同じく一週間とります。(この期間を復食断食と呼びます。)
合計で3週間の断食期間が必要となります。
この断食のやり方は確かに効果があるのですが、あまりに期間が長すぎて一般の人には無理があります。
また復食断食の期間に食べすぎて、命を落とす人もいました。
ですからこの断食をやる人は、宗教関係者か、病気のために日常生活を送ることができないような人に限られてきました。
ありのパパは、この断食を正月と夏の聖会のときに実行していました。
しかしその時々によって体調がちがいましたので、実行するのが難しく途中で止めるようなこともしばしばありました。
結論としてはこの断食は健康増進や日々の霊性のためにやるものではないと思います。

③一日断食

一日断食とは、ある期間の中の一日を断食に当てるやり方です。
その期間は一ヶ月から一週間まで、自分の生活のパターンにあったものを選ぶと良いでしょう。
ありのパパは一週間に一日と決めて実行しています。
(朝と昼を抜き、軽めの食事を夕方にとります。ごくたまに前日の夕食から抜くときもあります。)
ちなみに初代教会のキリスト者たちは、水曜日と金曜日に朝食と昼食を抜いて夕方に軽めの食事を取っていたという記録が残っています。
現代人の生活が一週間ごとに繰り返されるパターンになっていることを考えると、この一日断食が最もふさわしいのではないかと思います。
(脂肪を効率的に燃焼させて、筋肉を保持するために、プロテインを利用すると良いでしょう。)

④少食断食

本断食を終えて難病も癒され回復するのですが、断食を止めるとまた元の木阿弥(もとのもくあみ)になってしまう人が多くいることに、断食運動の指導者が胸を痛め、そこで考え出されたのが少食断食です。
このやり方が、最も効果があり、最も簡単にできる方法ですが、これを続けて実践することは大変難しいことです。
自分では少食であると思っても、実際にはそうでないときもありますし、少食の場合は栄養バランスをとることが難しくなります。
そこで少食断食を実行するときは、四群点数法を使うのが良いと思います。
これですと、少食のつもりという罠から逃れることができますし、完全栄養を達成することができます。

◎ありのパパはこの少食断食と一日断食を組み合わせて実行しています。
このやり方が全ての人に合っているかどうかは確証することはできません。
しかし比較的安全な方法であり、効果も大きいので、やってみる価値があると思います。

[注意と勧告]おやりになるときは、体調が良いときを選んで、決して無理をせず、その時々の自分の体調と相談しながら実行することが、絶対に必要です。

スポンサーリンク