聖霊の賜物を正しく用いるために全き愛がある

スポンサーリンク

1.全き愛の精神で聖霊の賜物を用いる

パウロはⅠコリント12章で賜物と教会における役割を述べ、13章で賜物を用いる動機の問題を述べています。
さらに14章では具体的な賜物の運用の仕方について指示を与えています。
福音派教会では、12・14章を無視し、13章だけを絶対視するので聖書の健全な解釈が難しくありました。
まさに「読めば読むほど、分らなくなる」状態だったわけです。

しかし文脈に沿って読みさえすれば、中学生でも理解できることです。
もうそろそろ教理を無理に聖書に当てはめることをやめるべき時ではないでしょうか。

○有名なコリント前書13章は漠然とした愛についての教えなどではなく、聖霊の賜物をどのような動機で用いればよいかについて述べられた箇所なのです。

2.信徒による説教のすすめ

14章における集会の進め方の指示を読むと、これはどうやら教会堂における多人数が集まる集会を指してはおらず、家庭などでせいぜい10名程度の人たちが集まる集会を指しているように思えます。
このような集会で2・3名の信者がかわるがわる預言(神の言葉の説教)をするようにと言うのです。
現代のクリスチャンたちは、牧師の説教を聞いては「恵まれた」とか「今日は今一つだった」とか好き勝手なことを言いがちですが、パウロの(聖書の)指示によるならば自分たちも説教しなければならないのです!
もう牧師の説教の批評をしている暇はなくなります(笑)。
一人一人のクリスチャンが、説教をするのです。
もともと聖書には聖職者と平信徒の区別はありませんから、このパウロの指示は何の不自然さもありません。

3.家の外でも中でも御心を行う

(家の教会の)外では病気の人を可哀想に思うゆえの癒しの業(わざ)を行い、(家の教会の)内では御意(みこころ)を説教するのです。
これを読まれて「えぇ~!いやだ。今でも忙しいのに、もっと忙しくなる」という方よ。
これはやりがいのある忙しさではないでしょうか?
ひょっとしたら、キリスト者のこのような姿が当たり前のことになったとき、リバイバルが起きるのかもしれません。

スポンサーリンク