ミラクル若返り

「ミラクル」と「若返り」で検索すると、本当にたくさんのサイトがヒットします。
どれだけ多くの人が若返りに関心があるか、分かろうというものです。
今日はお金をかけないで、若返る秘訣をお教えしましょう。

スポンサーリンク

1.アブラハム夫妻に起きた神の奇蹟物語

創世記18章10節には「来年の春、わたしは必ずここへ戻ってきます。その時、奥さんのサラには、男の子が生まれています」と書かれてあります。

2.サラの超ビックリ若返り

この時、アブラハムは99歳、サラは90歳です。
人間的には夫婦の営みはおろか、妊娠・出産は不可能に思われました。
それが急激に、アブラハム夫婦の肉体に大変化が起こり始めました。
「アビメレク王はサラを自分のそばめにしようとした」(創世記20:02)ほどに、この時サラは大変美しかったようです。
なぜ90歳のおばあちゃんが、王様が自分のそばめにしたいと思うほどに美しかったのでしょうか。
それはサラが急激に若返って行ったからです。それ以外には合理的な理由が考えられません。
そして御告げのあった一年後には、実際に子供が産まれています。

3.神の奇蹟が起きると人は笑い出す

神様のなさることは破天荒すぎて時々理解しにくいことがあります。
ありのパパは歳をとって良かったと思っている人間ですから、もう一度若者に戻るのは勘弁してほしいというのが本心です。
ですから多分ありのパパがアブラハムだったら、ここで怒りが爆発していると思います。
いわく「神様、あなたがあなたのご計画を実現するのはあなたの勝手。しかし私にはわたしの人生がある。心静かに人生を送らせてほしい」と今まで神様がどんなにか良くしてくださったことも都合よく忘れて、神さまに噛みついたと思います。
本当に不信仰で、どうしようもないわがまま者であると、自分でも思います。

アブラハム夫妻はどうだったかというと、二人とも「笑った」のです。
大阪人の乗りで「また~、ご冗談ばっかり!」という感じです。
お調子者夫婦でも、神様は用いられるのだと感心しました(笑)。

4.神の奇蹟を体験するには犠牲と覚悟が必要

アブラハム夫妻は神のご計画実現のために、年取ったり、若返ったり、人間的法則を全く無視したような神のおてんばな御業に翻弄(ほんろう)されているようにも見えます。
ある人はこの文章をお読みになって「あら~、若返ることが出来るんだったら、なんだってしちゃうわ」という方もおられるかもしれません。
しかしそのために神に献げなければならないリストを予め知っていても、そのように言えるでしょうか。
若返ったゆえに権力者に目をつけられ、お妾(めかけ)さんになるか、殺される危険の中を生きるかの選択を迫られ、子供が産まれてからは、神様にその子どもを献げるように命じられます。
言っときますが、決して「献児式」をやるようにという命令ではありません(笑)。
おどろおどろしい言い方ですが「生贄(いけにえ)にささげよ」と言われたのです。
(注:神様はアブラハムの心を見ることが目的であり、決して生きている人間を生贄にするようなことはお命じになりません)

5.あなたにも訪れる神の時

アブラハムとサラに起きたことは私たちにも起きます。
但し、それを許容するだけの信仰と献身があればですが。
いいえ、立派なものは必要ありません。
けつまずきながらも「わかったよ~。神様、あなたの言う通りにします」と申し上げ続ける意志さえあるなら、アブラハムとサラのように神のご計画実現のための器(うつわ)となることが出来ます。

「気持ちはあるんだけどな~」と言う人よ。
それは気持ちがあるとは申しません。
それは「口先だけ」と言うのです。
気持ちがあるとは、実際にそうなったとき「みこころが私の中になりますように」と申し上げる決心を今この時行うということです。

神の御意実現のため、あなたの人生を差し出してくれないかという神様の申し出は、あなたの人生に前ぶれなく突然訪れます。
ですから予めどのように申し上げておくか決めておかないと、その時うまく行かないのです。
決心なされるのは、今この時です。
そうなさるなら、人生が音を立てて変わっていくようなことはないにしても、小川のせせらぎのように命の川の水があなたのご家庭に、職場に、学校に流れ出るようになります。

◎ともにこのような祝福ある人生を生きようではありませんか。
祝福を祈っています。

スポンサーリンク

コメント

  1. 岡田 より:

    サラが 若返ったことは はじめて、ききました
    実は ぼくも この箇所は理解不能で むかし某牧師に 質問したことが ございます

    この年齢で この美貌は どういうことですか? その方曰わく、サラは 大変、敬虔な信仰者でもあり 日々ひざまずき主を礼拝していた その霊的状況が 外見にまで影響を及ぼし 若く美しかったのだ、 その逆もある ぼくを批判し教会を出て行った 婦人たちは、急に老け込み、ブサイクに なったんだ‥
    ハアーッそこへ もってくるかと びっくりしました この牧師さんは、ものすごく傷ついている かわいそうにと おもいました。

    わたしの 個人的ことでなく、あくまで、一般論ですが やはりサラの若さのケースは特例であると思われます。

    結婚当時は 乙女のようであった妻も 年々 からだも 大きくなり 容姿のあちらこちらが 崩壊してきておりますし また妻の側からみれば、年々 東コクバル化 していく夫の前額部を しみじみと ながめ 互いに 水晶より透き通る流れのそばの、あの素晴らしい 御国に おもいを馳せるのでは ないでしょうか、

    私たちは この地上に永遠の都を 持っているのではなく、むしろ後に来ようとしている都を求めているのです。

    この みことばを 日々 明らかに して下さる 妻たちに 私たちは、心からの 感謝を捧げたい そう おもいます。

  2. arinopapa より:

    岡田さん、こんにちは。

    ○サラとアブラハムは若返っただけでなく、(その時代の人々と同じ年数しか生きていないことを考慮すると)いったん若返った後、今度は急速に老けていったと考えられます。

    そのことを嫌がったと聖書には書いてありませんから、サラとアブラハムにしたら若返るのは、もうこりごりという感じだったかもしれません。
    確かに「若々しくあること」と「若くなる」というのは違うことですね。
    私もいつまでも若々しくありたいと願いますが、もう一度若くなりたいかと言われれば、「いえ、もう結構。ご勘弁ねがいます。」と答える口です。

    ○岡田さんは毎度笑わせてくださいますね。
    まるで夫婦漫才のようです。
    どうぞ岡田さんご夫妻も、肉体をまとっている現世において、命の川の水から、好きなだけ飲んでくださいませ。
    あとは四群点数法と日常ながら運動ですね(笑)。

  3. アブラハム より:

    こんにちは、初めてメールします。
    私は17才の時イスラエルに渡り、4年滞在しました。
    まだ若かったためか、ヘブライ語は自然に吸収しました。
    父母はクリスチャンで、当時母とイスラエルに渡りました。
    それは母が博士論文を書く為の研究に動向したに過ぎません。
    イスラエルに渡る2年前、日本赤軍の岡本公三等3人がテルアビブ国際空港で乱射事件を起こし、日本人に対するチェックはかなり厳しいものがありました。

    さて、今から40年程前のイスラエルにはパレスチナ自治政府などなく、普通にアラブの町はあちこちにあり、私もアラブ人の友達は沢山居ました。
    当時アラブ諸国で有名だった歌手にウンカル ツゥーンという女性歌手が居ました。
    今でも伝説の歌手として有名ですか、彼女は確か86才位で他界しましたが、その姿形、美貌は20才位で、歌声も20才位でした。
    歌い続ける事こそ若さをキープする秘訣かもしれません。

    アブラハムが生きていた当時、女性は今のアラブ諸国と同じで顔は隠されており、外見からは綺麗かどうか分からないはずです。
    なのに何故人々はサラは美しいと分かったのでしょうか?
    それはサラが美しい歌声で歌を歌う事が評判になったのでしょう。
    ちなみにサラというヘブライ語の意味は歌という意味があります。
    賛美し続ける事こそ若さの秘訣であり、また鎖を解き放つ力があり家族が救われるキーかもしれませんね。

    主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます!

    • ありのパパ より:

      こんばんは、アブラハムさん。
      はじめてのコメントをありがとうございます。

      「今から40年前」というところに懐かしさを覚えました。
      神様はお一人お一人にご計画をお持ちであり、そのご計画を確実に一歩一歩実現に導いておられるのだと改めて確認させていただいたことです。

      これからもよろしくお願いします。
      (当ブログは無名性の原則に基づいて運営しています。それでどなたであってもニックネームでのコメントをお願いしています。失礼とは思いましたが、こちらでニックネームをつけさせていただきました。もし「このニックネームが良い」というのがありましたら、お知らせください。変更させていただきます。)