ノアの物語は神に従うなら心豊かな人生を送れることを教えている

「ノアとその家族が箱船に入ったその日に、洪水が始まった。」(創世記07:11-13)

スポンサーリンク

1.胸踊る人生と退屈な人生

ノアについての記述は聖書の中でも最も心躍らせる物語です。
神に従う人生は、多くの人々が思っているような退屈な人生などではなく、スリルに満ちた冒険にあふれる人生です。
それはノアを見ても分かることです。

しかしクリスチャンであっても、信仰生活を送りながら内心「つまんねぇ」と思っている人もいるかもしれません。
なぜある人は胸踊る人生を生きているのに、ある人は退屈さを感じる人生を生きるのでしょうか。
そのちがいが、もし持って生まれた性格や神が与えた運命によるならば、こんな不公平なことはありません。
しかし神は不公平な方でなく誰よりも公平な方です。
ですから問題があるとするなら、それは私たちの側にあるのです。

2.周りを見ると信仰はぐらつく?

箱船に窓は天井にしかついていませんでした。
普通、窓といえば側面についているものですが、なぜ天井にのみついていたのでしょうか?
それは側面に窓がついていれば、方舟をバカにして中に入らず、大洪水で死んでいく人々のありさまがあまりにもリアルに伝わってしまい、ノアたちの信仰が弱くなってしまう危険があったからです。

このことは何を私たちに教えているでしょうか?
ありのパパはこう考えます。
神の御意が示されたとき、いったん従うと決断したならば従い続けなければなりませんが、周囲の状況を伺っていると初めの信仰が揺らいでしまうことがあります。
これがはじめは良いスタートを切ったにもかかわらず、結局信仰をもっていない人とそんなに変わらない人生で終わってしまう最大の理由ではないかと思います。
ですから天井に付いた窓とは、上を見る信仰、神様だけを見上げる信仰を指していると理解しています。

3.どうしたら冒険に満ちた信仰の生涯を全うできるか?

①神の御意が示されることを願い求める

福音派教会はこの何十年間か、教会成長一色でした。
あそこで教会成長セミナーがあると言えば大挙して押しかけ、まるで事業家のように教会成長についての方策を学びました。
救霊を第一とするのではなく、教会が成長することが結局、救霊につながるという暗黙の了解のもとに教会成長を第一義としました。
この誤った暗黙の了解について真剣に考えられることなく、あまりにも安易に皆が流されていったように思います。

②皆がどうするかではなく、示された御意に従う

「こう生きる」と決めたら、人の目を気にしないことです。
結局、人の目を気にするということは、神よりも人の顔を恐れるということです。
これは神が最もお嫌いになられることです。
人と違うことをやっていると「自分はドンキホーテであり、時間の無駄遣いをしているだけかもしれない」という恐れがやってきます。
そのときこそ天窓を見上げて、信仰を奮い立たせるときです。

③今日一日を生きる

「昨日はこうすればよかった」と悔やんでも、昨日は戻ってきません。
「明日はこうしよう」と考えたとしても、その明日はいつまで待ってもやってくることはありません。
なぜなら「明日」という日がやってくるとき、それは「今日」という日に名前を変えて私たちのところにやってくるからです。
ですから私たちは「今日」という日を生きなければなりません。
昨日の出来事を悔やむ自己憐憫に別れを告げ、明日をいたずらに夢想する白昼夢と手を切るのです。

◎神の意志を求め、その意志に従って生きるとき、私たちの人生は豊かなものになります。
平安と祝福を祈っています。

スポンサーリンク