信仰の原則を人生に適用することが成熟する条件

聖書には「知恵」という言葉が多く出てきますが、この言葉の本当の意味はどのようなものでしょうか。
今日はご一緒に、この「知恵」ということについて考えてまいりましょう。

スポンサーリンク

1.隠されていた神の知恵とご計画とは何か?

コリント教会への手紙2章6節と7節には「この知恵はこの世の人々の知恵ではなく、この世の移(うつ)ろい行く知恵でもない。それは神の知恵であって、昔隠されていたが、今私たちに啓示されたものであり、神が私たちを救うために、この世界をお造りになる前から、あらかじめご計画しておられたのである」とあります。

キーワードは「世の中で認められていない知恵」「昔(旧約)隠されていたが、今(新約)神によって明らかにされた知恵」「神のご計画の中にあったこと」の三つです。

①世の中で認められている知恵とは、努力によってか、幸運によってか、とにかく結果を勝ち取った者が素晴らしいという考え方です。
この考えに基づいて、親も、上司も、友人も、社会一般も、評価いたします。

②昔隠されていたが今、神によって明らかにされた知恵とは、旧約時代は律法を守ることによって救いに到達するのが一般的な教えであったのですが、新約の時代にはイエスによってなされた贖罪の御業を信じることによって努力なしに救われるという神の知恵を指しています。

③神のご計画の中にあったこととは、創造の御業が始まる前から十字架の上でなされた神のみ業を信じることによって人々を救うという神のご計画があったということです。

パウロは、救われているにもかかわらず様々なトラブルが教会の中に起きていたことに関して、救われたときの原則を実生活に適用できている人が成熟している信仰者といい、そうでない人を未成熟な信仰者と呼びました。
では成熟と未熟の違いは何でしょうか?

未熟の印
①自分と人が違うことを受け入れられない。
②自分と神の間に、何者かを置きやすい。(これがとりもなおさず偶像礼拝ということ。)
③常に争いがある。

成熟の印
①キリストに根差している。
②神の私の間に、仲保者なるキリストと、そのキリストの御霊以外を置いていない。
③平安に満たされている。

2.信仰の原則を生活の全領域に適用する

私たちは「価なしに救われる」という原則を信仰経験だけに限定し、人生の全領域に適用しない場合があります。
これは名前だけの信仰者であり、言っていることとやっていることが違う信仰者であり、心に平安がない信仰者です。

成熟というと、何か無代価で始めた信仰生活が、自分の努力や行いによって立派になっていき、無代価ということと対立的に捉えられる危険があります。
しかし勿論そうではなく、真の聖書的な成熟とは無代価で救われたという信仰の原則を人生のすべての領域に適用していくことです。
大まかな原則は聖書や説教によって知ることが出来ますが、自分の人生に応用するという部分は自分の頭で考えてやっていくほかはありません。
やりがいのある領域です。

◎このキリストによって可能となる新しい生き方を、まず自らが実践し、そして人々にもお伝えしようではありませんか。
この生き方こそ、今まで隠されており、今明らかになった神の知恵であるというのです。

スポンサーリンク