自己一致を得ると心の静けさをも得ることが出来る

カウンセラーの三条件と呼ばれるものを皆さんとご一緒に学んでいきたいと思います。
三条件とは「自己一致」「共感的理解」「肯定的配慮」の三つです。

スポンサーリンク

1.自己一致とは?

自己一致ということが意味するものを他の言葉で表すと実に様々な言葉があります。
「本音と建前」「自分と自分自身」「顕在意識と潜在意識」インナーチャイルドなど、皆同じことを表しています。

自己一致することが、なぜカウンセラーの三条件の一つに挙げられるかといえば、それは人が心の病気になるのは本音と建前が分離しているからだと考えるからです。
ですから人が治るとは分離していた本音と建前が一致することということになります。
クライアントを導くカウンセラーが自己一致していなくては、これは具合が悪いわけです。
それで自己一致していることがカウンセラーの最も大切な条件ということになります。

しかし「本音と建前」ぐらいですと、なにか分かったような気にもなるのですが、では何を意味するのかというとさっぱり判らなくなります。
この自己一致ということは、そんなに簡単なことではありません。
神の力をお借りして少しずつ少しずつ自分の心を探って行って、それで初めて少し分かるという程度のものです。
ですからすべての人が「私は自己一致した」と言うことは出来ず、「自己一致するための旅路の途上にある」と言うべきものです。

もし私たちがこの旅路を歩んでいるなら、どこかで本音の自分と建前の自分が出会うという経験をします。
もちろん目には見えないのですが、しっかりと心の目で見ることができます。
あなたはこの本音の自分と確かな出会いを経験しておられますか?

2.言葉と行いが一致するためには

クリスチャンへの批判として挙げられるのが、言っていることとやっていることが違うということです。
これは本当に耳が痛いです。なぜなら当たっているからです。
なぜ言行不一致となるかと言うと、こうあるべきと考える建前の自分と、本当はこうでしかない本音の自分が出会ったことがなく、頭をつき合わせて「ではどうしたら良いか」と本音さんと建前さんが相談したことがないからです。
相談するとは100点を目指したい建前の自分がいるが、本当は30点の自分でしかないことを認め、その30点からスタートすることを意味しています。
このような経験がない人はクリスチャンに限らず案外多くおられるのではないでしょうか。

3.建前の自分と本音の自分が出会う

ありのままの自分を認めるとは「30点の自分でも良い」とすることであり、完成を目指すとは30点の自分を生涯の終点まで生き続けるということです。
ところが本音の自分と建前の自分が出会っていないと、30点の自分は否定され、100点の自分だけが表に出てくるということになってしまいます。
これが平安な人生を願っているにもかかわらず、気がつくと心が騒ぐ生き方に堕している理由です。

◎自己一致はカウンセラーの条件であるばかりでなく、心に平安を得る秘訣でもあります。
平安と祝福を祈っています。

この「カウンセラーの三条件」の記事は全部で三つあります。
どうぞお読みください。
同情は人を慰め、共感的理解は人を回復させます
自分の思考枠組みに気づくためには誰かの肯定的配慮が必要です

スポンサーリンク