什一(十分の一)献金のこと。神が真に求めておられることは何か?

ペンテコステ派のクリスチャンであるなら、どなたでも什一(じゅういち)献金のことを知っておられるでしょう。
福音派出身のありのパパは、什一献金を知りませんでした。

知ったのは「朝の9時」というカリスマ運動の信仰に立つ著者が書かれた書物を通してでした。
この本を読むまでは、自分の信仰が聖書的であると思っていたのですが、カリスマ運動に触れてこんなにも聖書通りのキリスト教というものが存在することに興奮を覚えました。
その本の中には異言を伴う聖霊のバプテスマなどの霊的事項だけでなく、クリスチャンの実際生活についても明確に妥協なく書かれていました。

その中にあったのが什一献金です。
什一献金とは収入の十分の一を神様にお献げするというものです。

福音派やリベラル派の一部から什一献金について聖書に忠実でない主張がされています。
今日はこの問題を考えます。

スポンサーリンク

1.什一献金は廃止されたのか?

什一献金が初めて聖書に登場するのは、モーセを通して律法が与えられるよりも以前です。(創世記14:20)
ですから十字架の御業により律法が成就したあとでも、そのことには関係なく什一献金は有効のままであると考えるのが妥当です。

○このようなわけで、律法は成就したから、什一献金も廃止されたというのは間違いです。

2.新約聖書に什一献金についての記述がないから、什一献金はされていなかったか?

ユダヤ人信徒が什一献金を守っていたことは、状況から見て明らかです。
ユダヤ人信徒は什一献金を超えて献金をしていたようです。
使徒の働きには全財産を献げた人がいたことが記されております。
(注: エルサレム教会ではとくに初期の時代、什一献金をユダヤ教の会堂に、それ以上のものをキリスト教会に献げていた可能性もあります。)

異邦人の教会はどうでしょうか?
三項目をのぞいて律法は守らなくても良いと言われたから、什一献金を行っていなかったでしょうか?
いいえ、マケドニヤ教会の例を見ると、彼らは什一以上を献げているように見えます。(Ⅱコリント08:02)

〇これらのことから明らかであるのは、什一献金が守られていたということです。

3.神がお求めになるのは、献金に勝(まさ)って、悔いし砕かれた心で神に従うこと

「あなたがたは自分の服を裂くのではなく、心を砕いて、主である神に帰りなさい。」(ヨエル書2:13)

上記の御言葉によれば、悔いし砕かれた心を伴わない、形だけの献金は神に受け入れられません。
ユダヤ人たちは什一献金を守っていましたが、神はそれを忌み嫌われるものとされました。
心と行動が伴わない献金はたとえ什一であっても、神に受け入れられないことは明らかです。

結論:
「十分の一の献げものもいい加減にしてはいけないが、正義と神様に対する愛は最も大切なものだ。」(ルカ11:42)
これがイエス様のお言葉です。これ以上、どんな言葉が必要でしょうか?
まさか律法の成就とともにイエスの言葉まで廃止されたというのではないでしょうね。
新約聖書に什一献金への言及がないから、自分も信徒に什一を言わないという牧師は信徒から神の祝福を奪っていると言うことができます。

◎平安と祝福を祈っています。

コメント

  1. ヒラぴゃん より:

    ありのパパさん。おはようございます。
    ゴールデンウィークも終わってしましました(涙)
    今日からまた会社の日々が始まります。
    でも、今の世の中で仕事が与えれていることは恵まれていることだと思います。
    頑張りましょう!

    ところで、本日のブログを読んで気づかされたのですが、什一献金というのは月定献金とは違うのですか?

    昔、導かれた教会で洗礼を受ける前の準備会で、月定献金のことを教えられ、その目安は収入の十分の一が目安だと教わったのですが、什一献金を強調する教会では、それは目安ではなく、規定のような(もちろん強制ではないでしょうが)意味なのでしょうか? 

  2. arinopapa より:

    ヒラぴゃんさん、こんにちは。

    仕事があるということで感謝出来ることが幸いだと思います。
    なぜなら、この連休中に「リストラされそうだが、もう仕事したくないから、いい機会だから辞めようか?」という相談があったのです。

    どう答えてよいものやら(笑)。
    仕事せんかい!

    >什一献金を強調する教会では、それは目安ではなく、規定のような(もちろん強制ではないでしょうが)意味なのでしょうか? 

    良いところを指摘していただき感謝します。
    そうなんですよ。ここが誤りに陥りやすい点です。

    什一献金が福音的律法とも呼ぶべき規定になってしまうところがあります。

    什一献金は律法以前に与えられたから、律法が成就、ないしは廃止されたあとでも有効であるとしながら、教会員にあたかも律法のように什一献金をすすめるとしたら、神様の御前でこんなに大きな罪はないと思います。

    私は個人的には什一献金を教会にではなく、NPOなどの団体に寄付してはどうかと考えています。

    (月定献金の目安が什一であると教える教会は素晴らしいですね。)

  3. ヒラぴゃん より:

    ありのパパさん、こんにちは。

    >「リストラされそうだが、もう仕事したくないから、いい機会だから辞めようか?」という相談が・・・

    笑っちゃいけないけれど、ちょっと笑ってしまいました。
    その気持、よく分かります(笑)

    カウンセリングの達人パパさんを困らせるとは、恐るべきクライアント・・・。

    実は、私は今日(5月7日)が今の会社に入って(何とか正社員で)、ちょうど1年目なのです。

    前の会社は負債額45億円を抱えて昨年末12月に倒産してしまいました。

    数年前から経営がおかしくなっていたので、私は昨年の5月に退職して現在の会社に転職したのです。

    それから半年後に倒産・・・・。間一髪、というところですが、残っていた他の社員たちは今頃どうしているのやら・・・・。自分だけ助かってありがたいような申し訳ないような複雑な気持です。

    パパさんの言われるように、什一献金を福祉などに寄付するというのはグッドアイデアですね。それで、もし牧師さんが「教会に献金しなけりゃ、献金じゃない」なんて言ったら、その教会は危ないかも・・・・。

    ちなみに、私が洗礼を受けた牧師さんは、月定献金の額について、月収10万円くらいの年金で細々と生活している教会員に什一献金しろとはなかなか言えないけれど、月収100万円もらっている教会員人がいたら70万円くらい献金しろという、とおっしゃっていました(笑)

  4. ヒラぴゃん より:

    追伸。
    あと、こうも言っていました。

    「教会員が毎月収入の十分の一を捧げれば、10人の教会員がいれば一人の牧師を支えられる。だから、教会員が10人いれば教会は自立できるはずだ」

  5. arinopapa より:

    ヒラぴゃんさん、こんばんは。

    ユダヤ教の規則では10人揃ったところで会堂を組織するようにしていたそうです。
    いまもそうかどうかはわかりませんが。

    エルサレム教会が、エルサレム陥落の直前に移住したように、会社が倒産する前に転職できたことは、率直に言って神様の導きだと感じます。

  6. 岡田 より:

    こんにちは岡田です

    十一の 祝福のことは うちの牧師さんも 一応 聖書どおりの 説明は いたしますが

    ハレルヤ感謝の気持ちで ささげま〜す と応答できるかたと(少数派) 弱冠 表情に緊張感 漂う人(多数派)に分かれます

    実は わたしが みちびいた 兄弟に この話を するときにも ぼく自身が かわいそうなくらい 気を使っており

    人間的配慮で つまずかせてはならないと思い遠まわしに 説明するもんですから
    夫婦関係とか こずかいが、いくらだとか、だんだん論点が 聖書から ずれていく という体験を したことが あります

    わたし個人は 封筒に お 札を入れ 感謝の祈りをするとき めにみえるかたちでの 神さまとの 絆のような ものを 感じるのです

    そして、 地上の 教会とつながり礼拝に 参加することは 天国との 絆のようなものを 感じるのです

    イエスさまへの 感謝と愛は 献金と いうかたちで 現れると思います

    ただ今の 正直な 気持ちとしては 初期クリスチャンのように 十分の二 十分の三 というようなことは うちの 教会では 無理だと思います 現状でも 顔 引きつってる人 何人か いますから

    笑いながら 十分一献金 の はなしが できますよう 祈ってください(笑)

  7. arinopapa より:

    岡田さん、こんばんは。
    什一献金を実行しているクリスチャンが多いことが、ペンテコステ派の強さを物語っていると思います。
    (それとは別の問題として)什一献金がモーセの律法が与えられる以前に与えられたものであるから、イエス様の十字架によって律法が成就ないし廃止された後でも有効であるとしつつ、什一献金を律法的に勧めているとしたら、これは問題であると思います。
    私自身は個人的には什一献金をする方が十名以上いる場合には、十名を超えた分はNPOなどの団体に寄付してはどうかと考えています。
    これが聖書的な什一献金の理解ではないでしょうか。

  8. めぐみ より:

    またまた昔の記事にコメントしてしまってすみませんm(__)m

    私の教会では、什一献金は強制ではありませんが、したほうが良いと言われています。(神様の祝福があると教えられています)
    それも、手取り額では無くて、税込金額の十分の一です。
    しかしほんとにしているかどうか詮索されることは決してありません。

    私はでもずっとこれを守っています。

    教会は300名ほどです。会計報告も毎年ありますが、それでも教会の経済は大変です。
    ありのパパさんの言われている「十名を超えた分はNPOなどの団体に寄付してはどうかと考えています」の意味がよくわかりません。
    どうしてそれが聖書的なのでしょうか?
    献金は神様の御用のために使われるべきなので、教会にしなければいけないとずっと思っていました。

    いろいろ質問してすみませんm(__)m

    • arinopapa より:

      めぐみさん、こんにちは。
      コメントをありがとうございます。

      新たに「什一献金」というタグを作りました。
      当ブログの右の欄の下の方にある「タグ」の中から「什一献金」というタグをクリックしてみてください。
      そうすると当ブログの記事の中から什一献金に関するものがピックアップされます。
      よろしくお願いします。

  9. ななちぶし より:

    はじめまして。ななちぶし(沖縄の方言で北斗七星の意味です)といいます。

    私はクリスチャンではないのですが、歌が好きという理由で昨年からゴスペルを習い始めました。
    そこで知り合った方の影響もあり、キリスト教に関心をもつようになりました。
    最近から聖書を読み始めています。
    また近所の教会に通うことも考えています。

    教会を調べていく中で近所の教会は什一献金を推奨しているようです。
    正直今の私は「10分の1も献金するのか~」という気持ちです。
    生活が苦しいからではなく、額として大きすぎると感じているからです。
    ありのパパさんの「心と行動が伴わない献金はたとえ什一であっても受け入れられないことは明らかです」という記事を読みました。
    もし教会に通うようになった場合、10分の1に満たなくても自分の喜んで納めることができる額を献金しようと考えていますが、この考え方はおかしいのでしょうか?
    ありのパパさんのお考えを教えてください。

    • arinopapa より:

      こんにちは、ななちぶしさん。
      初めてのコメントをありがとうございます。

      さて、什一献金の件ですが、ななちぶしさんの仰る通りであると思います。
      それに加えて気になったことがありましたので、返コメさせていただきます。

      それは「近所の教会は什一献金を推奨している」という部分です。
      まだ信仰をもっていない方に什一献金を推奨するような教会は健全な教会とは言えません。
      その近所の教会は、カルトである可能性が非常に高いのではないかと危惧します。

      什一献金の問題の核心は、什一献金は律法ではないと言いつつ、あたかも什一献金が祝福の条件であるかのように説いているところにあります。
      什一献金をしないと呪われると教えるなら、それは律法主義であり聖書の教えの否定です。
      また律法ではないが祝福の条件であると教えているなら、それは詭弁であり偽教師であると言わなければなりません。

      どうぞカルト化した教会から最大限の注意をもって遠ざかることをお勧めいたします。
      またコメントしてください。お待ちしています。

      • ななちぶし より:

        ありのパパさん、アドバイスありがとうございます。

        近所にいくつか教会があるので、カルト化した教会かどうか見極めながら選びたいと思います。
        直接牧師先生に献金について聞いてみようかとも思います。

        これからもアドバイスよろしくおねがいします!!!

        • arinopapa より:

          こんにちは、ななちぶしさん。
          コメントをありがとうございます。

          う~ん、牧師に直接聞くというのは(笑)。
          もしその牧師が「そんなもんは百%信者の自由だよ」と答えるならOK。
          しかし「出来るようになったら、やればいい」と答えるなら、注意が必要です。
          なぜなら、出来るようになったらというのは「あなたの洗脳ないしマインドコントロールが完成したら」というのと同義語であるかもしれないからです。

          繰り返しますが、健全な教会で什一献金をまだ信仰をもっていない方に推奨するような教会はありません。
          またコメントしてください。お待ちしています。

  10. アブラハム より:

    こんにちはアブラハムです。

    十分の一(漢字の間違いを許して下さい)献金って本当に難しい問題なんだなあとつくづく感じました。

    私は子供の頃から、当たり前に献金していたので違和感は全くありませんでしたし、今も違和感無く当たり前に献金しています。
    でも十年程前に、霊的な意味も含めてイエスキリストはどのように十分の一を捧げたのだろう?と考えてみました。
    イスカリオテのユダに命じて貧しい人々に配ったりしたのだろうか?とか本来イエスキリストは神様だから捧げる側ではなく受ける側だから捧げる必要はなかったのかなあ?とか色々考えてみましたが、これと言って納得出来る答えは出ませんでした。
    結局最後の答えは十字架になる訳ですが、私にとっては不充分な結果となりました。
    その後、色々と考えたり祈っていく中で気がついたのは、聖書では十分の一献金とは書かれていないで、ただ十分の一としか書かれていません。
    もしかしたら人間が勝手に献金という言葉を付け足したのかもしれないと思う様になりました。
    でも今でも何の違和感もなく献金は捧げています。

    • ありのパパ より:

      こんばんは、アブラハムさん。
      コメントをありがとうございます。

      什一献金は難しいと言えば難しいです。
      でも何も難しくないと言えば、ちっとも難しい問題ではありません。
      私も新入社員のときから(実は仕送りを受けいていたときから)什一献金を欠かしませんでした。
      生涯に渡ってお金に困ったことがないのは、この什一献金がカギであったと信じて疑っていません。

      ただ、この什一を祝福狙いでやっているなら、それは問題です。
      そのような心の姿勢では神からの祝福はおろか恵みさえも受け損ねてしまうと思い、この記事を書きました。
      献金の教えの全ては次のイエスの言葉「「十分の一の献げものもいい加減にしてはいけないが、正義と神様に対する愛は最も大切なものだ。」(ルカ11:42)に要約されております。
      これを守っていれば問題ナッシングです(笑)。

      またコメントしてください。お待ちしています。
      追伸:大変申し訳ないのですが、記事に関係のないコメントの部分は削除させていただきました。
      お許しください。よろしくお願いします。