自分がゼロ歳人か一歳人か二歳人かを知ると生きやすくなる!

人間を理解するために様々な方法があります。
分かりやすくはありますが、根拠がない星占いとか、血液型占いなどもありますね。
しかしそれらのものはわかりやすいので面白く興味を引くのですが、残念ながら納得のいく根拠がありませんし、効果のほども不確かです。
それで今日はゼロ歳人と一歳人と二歳人という、分かりやすいうえに、人間関係をスムーズにすることが出来る方法をご紹介いたします。
これはすべての人をゼロ歳人と一歳人と二歳人に分けるというものです。

スポンサーリンク

①ゼロ歳人

このタイプの方はどういう人かと言いますと、褒められたりすると「いや~、そんな褒められるような人間ではありません。」と答える人たちです。
受容されても、「受容されるにふさわしい自分ではありません。」とか言うので、カウンセラーは一瞬途方に暮れることもあります。

人間関係でトラブルが起きたとき、このタイプの人は「私が悪いのです。私に問題があるのです。」と深刻に受け止めてしまう傾向があります。
周囲は「いや、あなただけが悪いんじゃないし、相手のあることだから。」と言っても、「いえ、私が悪いんです。」と譲りません。
この場合、相手が良心を持たない人々(反社会性人格障害・20人に一人の割合でどのグループにも存在すると言われる)であると、悲惨な結果を招くことがあります。

グループの中では、みんなについていくのが一番楽ちんだと感じます。
このタイプの人は、集団の中でみんながやり始めると自分もやるタイプですので、セルフスターターであることを期待するよりも、集団に働き掛けるのが良いと思います。

②一歳人

このタイプの方はどういう人かと言いますと、褒められたりすると「ありがとうございます。もっと頑張ります。」と答える人たちです。
言ってみれば、「豚もおだてりゃ、木に登る。」タイプですね。
受容されると最も効果があるのが、このタイプの人々です。

人間関係でトラブルが起きたとき、このタイプの人は「わかりました。原因を分析し、対策を実行します。」と言う人たちです。
最も現実対応能力があるタイプですが、それでもトラブルが続くと頽(くずお)れてしまうこともあります。

グループの中では、長老タイプといいますか、中間管理職タイプというか、やらなければならないことをテキパキと片づけていきます。
たいていの場合は集団の中にいますが、集団から離れて、孤立した状況に自分を置いていることもあります。
この場合は職業としては自営業や自由業が向いているということになります。
セルフスターターです。

③二歳人

このタイプの方はどういう人かと言いますと、褒められたりすると「そぉ、やっぱり?」と答える人たちです。
カウンセラーはこのタイプを敬遠します。
なぜなら受容しても、ちっともありがたがらず、かえって当たり前のように受容されることを要求するからです。
別名、「底無し」と申します。

人間関係でトラブルが起きたとき、このタイプの人は「え~、何で?全然わかんない。」とか平気で言ってのけます。
言ってみれば、「カエルのつらにしょんべん」(失礼!)というやつですね。
あまりに無神経で問題解決能力があるとは言えないのですが、打たれ強くはあります。
叩かれていても、それをそう思わないところもあります。
職場で人間関係のトラブルが続発し、みんなが辞めていくのに、一人だけ残っているというのもこのタイプです。

グループの中では、たいていの場合、リーダー格でしょう。
自然にそうなります。みんながそのように認めます。
セルフスターターですが、興味がなくなると途端に役割を放棄することもあります。

まとめ:皆さんは何歳人であると自分のことを思われましたか?
そして皆さんの周りの方々は何歳人であると思われたでしょうか。
ちなみにありのパパは自分では一歳人であると思っています。

スポンサーリンク

コメント

  1. ヒラぴゃん より:

    ありのパパさん、おはようございます。
    今回、パパさんが分類した性格のタイプを自分に当てはめて考えてみたところ、私は「二歳人」、妻は「一歳人」であることが分かりました。

    見事なほど当てはまります。
    今回のブログも妻に見せてやろぅ。
    きっと驚くだろうな(笑)

    いや、お見事です。

    パパさんは、こういう心理学とかカウンセリングを大学で勉強したのですか?
    それとも神学校で勉強したのでしょうか?

    現在の私の教会(福音派)を創立した牧師さん(現在は引退)は、やはりカウンセリングに詳しかったのですが、その先生は神学校(東京基督教短期大学と聖契神学校)でカウンセリングを習ったそうです。

    私は、牧会心理学や教育心理学を神学校で勉強したはずなのに、全然身についていないなあ・・・。(別にそれだけでなく、他の教科も同じように、きれいに忘れてるんですけどね(笑))

    こういう心理学とかカウンセリングの話題のときは、本当にただ素直に教えを請うばかりです。そして大変に勉強になります。感謝!!

  2. arinopapa より:

    ヒラぴゃんさん、こんにちは。

    懐かしい神学校の名前が出てきました。(笑)
    この神学校とは別の神学校で、ある先生との出会いがあり、その先生の教会で翼を休める人たちとともに、半年間住み込みをさせてもらったことがありました。
    それがこのブログで「インターン」と呼んでいる期間のことです。
    私はおもに登校拒否児童のお世話係でした。

    私も理論はすぐに忘れます。
    それでときどき教科書を引っ張り出してきて読み直します。
    この「何歳人」は、ニーバーの祈りのごとく、治さなければならないものと、治さなくても良いものを見分ける洞察力を私たちに与えてくれるものです。
    案外「こいつ、気に入らない。」とか感じることの原因が、ここらへんにあったりします。