独りよがりな評論をするだけの人にならないために複数の視点をもつ

インターネットの普及により、一億総評論家時代になったようです。
しかし三流の評論家ではなく、一流の評論家になるために必要なことは何かを考えます。

スポンサーリンク

①複数の視点を持たないと独りよがりになる

私たちは考える視点を複数もっていないと、ただ一つの視点からだけ物事の意味を捉えてしまい、結果として本質的な意味を捉え損なってしまう危険があります。

たとえば福音派の方が聖霊第三の波の教会を批判するときに、何か他人事のように言っているのを聞くことがあります。
ペンテコステ派のありのパパから見ますと、「何言ってるの。自派の教会内の聖霊運動ではないか」と感じます。
同じようにリベラル派の方が他人事のようにカリスマ運動について語っておられるのを見ると、「あの~、すいません。カリスマ運動って、リベラル派教会内における聖霊運動なんですけど」と言いたくなるのです。(実際言ってますけど)(笑)。
またペンテコステ教会の方々がカリスマ運動や聖霊第三の波を論評しているのを聞いていても同じように感じることがあります。
「あの~、カリスマ運動も聖霊第三の波も同じ聖霊運動として括(くく)られているんですけど」

②原因を考えてみる

他人事のように聖霊第三の波やカリスマ運動を論評するが、それらが「なぜ生まれてきて、拡大しているのか?」という認識が全くないままの方も多いようです。

ある日突然、発生するというようなことは、この地上には決してないことです。
必ず理由があって、そうなっているのです。
聖霊運動が発生するような状況があったから、発生したのです。

ではこのような状況とはどのようなものだろうかと考えるのが、物事を深く考えるということであり、複数の視点を持つということです。

③考え方が固定化すると提案が出来なくなる

あるところで福音派がアメリカという国をだめにしたという人がおりました。(これはリベラル派の一般的な主張でもあります)
しかしその方には、ではなぜ福音派が台頭したのかという認識は決定的に欠けているようでした。
それを考えないことには話が前に進まないのではないかと、ありのパパは考えるのですが皆さんはどのようにお考えでしょうか?

なぜこうなるのかと言えば、それはやはり複数の視点をもつということが決定的に不足しているからではないでしょうか?
パターン化したものの考え方や受け取り方が固定化してしまうと、物事を正しく見ることが出来なくなります。
それで何か問題が起きても、それに対する適切な解決策を用意することが出来なくなります。
この場合ですと、ではアメリカが健全な道に進むためにはどうしたらよいのか、また福音派はどう変わればよいのかについての提案が出来ないということです。

言いっぱなしは自助グループのミーティングだけでよいのです(笑)。
実社会では提案力こそ大切です。そうでなければ誰にも相手にされないでしょう。

◎平安と祝福を祈っています。

スポンサーリンク