リバイバル新聞社のこと

ありのパパがリバイバル新聞社に感じる問題

スポンサーリンク

1.なぜ裁判になっている教会の問題を報道しないのか?

聖霊第三の波の教会で起きている問題をリバイバル新聞社が報道しないことについて、ありのパパは初めのころはいわゆる一般マスコミではないので安易にスキャンダル報道はしないというスタンスなのかなと思っていたのです。
しかし次第に問題の真相が明らかになるにつれて、これは一般的なスキャンダルなどではなく、神学的原因が根っこにあって起きていることが誰の目にも明らかになってきました。
それでもなお報道がなされないことを大変疑問に思います。
これを報道しないのはペンテコステ派のクリスチャンとして承服できません。

2.他のキリスト教新聞はどのような報道姿勢か?

いのちのことば社は福音派教会の新聞として旗印を鮮明にしており、キリスト新聞社はリベラル派教会の新聞としての立場をはっきりさせています。
これに対してリバイバル新聞社は軸足をペンテコステ教会と福音派教会の両方に置いているように見えます。
これは聖霊第三の波の教会が福音派教会に属していることと関係があると思います。
そのため福音派一般に対しても配慮をしているのだと察します。
確かにいのちのことば社もウェスレアンとカルビニズムに対しては、一方に偏らない配慮をしてきました。
しかしリバイバル新聞社の配慮は旗印が不鮮明になるほどのものであり、やりすぎであると感じます。 
少なくとも伝統的福音派への配慮は捨てて、ペンテコステ教会とカリスマ運動と聖霊第三の波に絞っていただくことは出来ないでしょうか。

3.ペンテコステ神学を否定する書籍を出版

先頃リバイバル新聞社の系列の出版社から『栄えに満ちた喜び』という題の本が出版されました。
ありのパパも早速購入して読ませていただいたのですが、その内容に失望・落胆しました。
この本は聖霊のバプテスマに異言が必ず伴うことを否定しているのです。
この本の著者が主張していることは、結局『ハイヤーライフ運動』と同じものであり、実質的にペンテコステ運動を否定するものになっていると感じました。
ハイヤーライフ運動のながれにケジック聖会がありますが、これは福音派教会における聖化運動です。

聖霊のバプテスマが、救いの後に来る第二の恵みかどうかの問題は福音派とペンテコステ教会の双方にとって神学的問題です。
しかしペンテコステ教会を他のキリスト教会と区別する特徴は、異言が聖霊のバプテスマに必ず伴うかどうかという点にあるのです。
なぜ神が福音派における聖化運動ではなく、それとは別の運動としてペンテコステ運動を興(おこ)されたのかという理解と自覚が、リバイバル新聞社には余りにも欠けていると言わざるを得ません。
そこをあやふやにするなら必ず後世に悔いを残すことになると考えます。
物分りが良いことが常に良いことであるとは限りません。

◎原点に帰ることこそ、必要とされています。

(お断り:ありのパパはリバイバル新聞社に反対する者ではありません。かえってリバイバル新聞社に旗印を鮮明にし、神から与えられた使命を全うしていただきたいと願っている者です。心情的には共感する点も多々あります。しかし神様から教会とこの世に対して灯台としての使命を託されていることを忘れないでいただきたいのです。気に障った点も多いと思いますが何卒真意をおくみとりいただければ幸いです。)

スポンサーリンク