福音主義神学には二つの流れがあり、現実社会へのアプローチも異なる

あるブログのコメント欄で、当ブログが話題になっていました。
その中には当然のことながら賛成や反対の意見がありました。
その中でも常に冷静なコメントをしておられる「もりもと」さんのご意見に今回は同意することが出来ませんでしたので、ありのパパの意見を述べることにします。

スポンサーリンク

①使徒たちがイエスから直接に教えを受けたことを、最高の神学教育を受けたとするのは間違い

ペテロはイエスを裏切りましたし、聖霊に満たされた後も信仰理解が展開(神学的転換)しているのをみれば、イエスによる直接的な神学教育は失敗だったと言わざるを得なくなります。

しかしそのように言うことは、神に対して罪を犯すことです。
とすればイエスによる直接的神学教育という理解が誤っているということになります。

神学教育という表現を使うときは、神学校における神学教育に限定するのが良いと思います。
使徒たち自身が自分たちのことを「無学のただ人」であると自他共に認めていたのです。
それをいきなり「最高の神学教育を受けた」と表現するのはあまりに論理が飛躍しております。

これでは冷静な議論は出来ません。

②福音主義神学には二つの潮流がある

一つはウェスレアニズムであり、もう一つはカルビニズムです。

ウェスレアニズムはジョン・ウェスレーと同労者たちによって体系化されました。
彼はある教えを教理化するとき、何百という人に実際に面談し確かめてから、神の御業はこのような形で現れると考えて間違いないとして確定していきました。

これに対してカルビニズムは厳密に聖書から教理を確定していったので、カルビニズムの伝統に立つ人々からは、このことに関して批判がなされました。

③聖書は何と言っているか?

使徒の働き10章9節から33節には、幻によってペテロの信仰理解が変化していくのが記されています。
はじめユダヤ人だけのものだった福音信仰が、次第に異邦人にも拡がろうとするとき、彼にはそのための神学的備えがありませんでした。

それで神は新しい神学的理解を持つようにと、幻によってペテロをお導きになられました。
これが神が人を導く方法なのです。
「このような導かれ方は、聖書が聖典として成立するまでのことであり、聖書がある今はそうではない」という主張は詭弁に過ぎません。
なぜなら聖書のどこにも、そのような主張を支持するところはないからです。

聖書から神学が生まれ、神学を現実の世界に適用するのではありません。
むしろ聖書を現実に適用し、そこから神学が生み出されるのです。
これが神の方法なのです。

スポンサーリンク

④新しい神学の台頭

ありのパパの若いときは、カルビニズムとウェスレアニズムが神学的に激しく争っていました。
それが時代が変わり、リベラル神学が台頭し、共通の敵に向き合わなければならないという理解になりました。
次にペンテコステ運動が台頭し、その影響を受けて福音派教会内における聖霊運動である聖霊第三の波運動が起きてくると、両派の神学的違いは陳腐化されました。
もうそんなことを言っている場合ではなく、誰も気にもとめなくなってしまいました。

そしてこの新しい神学的状況に対応する準備ができる前に、聖霊第三の波の教会によるカルト化・淫行・レイプなどの問題が起きてしまいました。
まさに自分の庭から火が出て、今や母屋(おもや)に火が燃え移ろうとしている状況です。
ほかの教会のことだからなどと寝言(ねごと)を言っている場合ではありません。

⑤対応が後手に回った原因

この問題に対して対応が後手に回った原因は、聖書を次々に問題が起こってくる現実の世界に適用し、新しい行動指針である神学を構築していくという手順ではなく、聖書から神学を構築し、その神学を現実に適用するという誤った手順を踏んだからです。

この対応の仕方では現実の問題に対応不可能となります。
現実に生きる人々に関心を寄せ、共感的理解を持つとき、このような間違いから免れることができます。
しかし神が世を愛されたように人々を愛さないとき、神学は無用の長物になります。

⑥神学を構築する方法論のちがい

聖書→現実の世界→神学のアプローチはまさにリベラル神学のアプローチそのものであるとの批判がなされました。
しかし、そうではありません。
このような批判は伝統的神学の一つだけしか知らない者の批判と言わなければなりません。
このアプローチは伝統的神学のもう片方の雄であるウェスレアン神学において採用された方法なのです。

⑦リベラル派をどうとらえれば良いか?

リベラル神学の方々が真実であり、何より現実に真摯に向き合おうとする姿勢に敬意を表します。
しかしリベラル神学が歴史的キリスト教に破壊的影響を及ぼしたことも否定できません。

ありのパパは歴史的キリスト教を守っていかなければならないと考えています。
福音主義神学の上に新しい展開を築いていくことが何より重要であると考えているのです。
ペテロがそうであったように。ウェスレーがそうであったように。歴代のキリスト者たちがそうであったように。

○今日のブログの内容がお互いにとりまして、理解を深めることに役立つなら幸いです。

スポンサーリンク

コメント

  1. 謙虚になりたい より:

    そしてこの新しい神学的状況にどのように対応してよいか途方にくれている間に、聖霊第三の波の教会にキリスト教会にとって致命的なカルト化・淫行・レイプなどの問題が起きてしまいました。

    と御座いますが「聖霊第三の波の教会」のみに限定されたことなのでしょうか?
    大変疑問に思います。

    如何でしょうか?

  2. arinopapa より:

    コメントありがとうございます。
    管理人のありのパパです。

    さてご質問に関してですが、そのように考えます。

    「謙虚になりたい」さんはどのようにお考えでしょうか?

  3. 謙虚になりたい より:

    早速のお返事いたみいりますm(_ _)m

    今回の国際アガペーチャペルが聖霊第三の波の教会とは思えなかったものですから。

    また京都の聖神中央教会が果たして「聖霊第三の波」に属するのでしょうか?
    ペンテコスタルな異端とは思いますが、「聖霊第三の波」とは考えにくいですねぇ。
    wikiからですが
    「教義はペンテコステ派の流れをもとに金保の独自の聖書解釈によるもので金保自ら自己を三位一体化し四重の福音を完全に拒否した伝道による携挙が強調されたものであった。」と御座います。

  4. 謙虚になりたい より:

    追記です。

     どのように考えるかですが、福音派の神学がボロボロ、メインラインもボロボロと考えております。

     メインラインですが「同性愛の牧師先生」と「処女降誕を否定する牧師先生」がいらっしゃることで、全幅の信頼を置きかねております。
    確かメインラインでも不祥事はあったと記憶しています。

  5. arinopapa より:

    国際アガペーチャペルとは今問題になっている弟子訓練教会のことでしょうか?
    もしそうであるなら、これは典型的な例であるといえると思います。
    京都の教会の場合は、ペンテコステ派の教理を持っておりますので、このケースも当てはまると思います。
    wikiで書き込まれている内容については、(引用部分に限って言えば)全く不正確だと思います。
    なぜなら四重の福音は日本におけるホーリネス教会の教えであり、ペンテコステ教会とは何の関係もありません。

  6. 謙虚になりたい より:

    早速のお返事ありがとう御座います。
    真摯な対応心より感謝申し上げます。

    「国際アガペーチャペルとは今問題になっている弟子訓練教会のことでしょうか?
    もしそうであるなら、これは典型的な例であるといえると思います。」

    と御座いますが、不勉強で大変申し訳なく存じますが、「これは典型的な例であるといえる」所以に付きましてご教示戴けませんか?

    また京都の件ですが、ペンテコスタルな神学を一部取り入れていたとしても果たして「聖霊第三の波」になるのでしょうか?
    ペンテコスタル由来の異端だとは思いますが・・・。

  7. arinopapa より:

    聖霊第三の波の神学の特徴は、ペンテコステ神学から異言を除いたものであり、その強調点は三点あり、①力の伝道②祈りの強調③霊的戦いです。
    このフィルターで見てみると、当てはまると思います。
    京都の教会のケースは異端ではないと思います。なぜなら明確に救われている信者の方がいらっしゃるからであり、救出にあたられている村上密先生も同様な理解をしておられると思います。
    このブログのキリスト教カテゴリー中に、この件について書かせていただいたものがありますので、よろしければお読みください。

  8. 謙虚になりたい より:

    早々にお返事を戴いておりまして有難う御座います。

    大変恐縮ですが、再度ご教示方お願いしたいのです。

    弟子訓練教会が①力の伝道②祈りの強調③霊的戦いを強調しているということでしょうか?

    具体的にどの点でそう思われていらっしゃいますか?

    後問題を起こしたのはJMS(摂理)もありますし、東京キリストの教会も御座います。
    また問題を起こしがちなのにウェスレアンホーリネスの淀橋教会の流れに「ヨハン教会」も御座います。
    さらに地方教会(ウィットネスリー系)もカルトと考えられているようです。

    「聖霊第三の波」に留まらず、軍隊組織のような団体も世界に目を転じれば問題を起こしていますし、カトリックも同様に思われます。

    単立系の教会がカルト化したら止めにくいのは理解できますので、聖霊第三の波系の教会で単立教会は危険度が高いことは理解できるのです。

    しかしながら、すべての教団・教会に共通の組織論的な視野を欠きがちな表現には首肯し難かっただけです。

    聖霊第三の波系の教会の教理にカルト的な問題があるのではないと思いますがその点いかがでしょう?
    長々と申し訳御座いません。

  9. arinopapa より:

    こんばんは。「謙虚になりたい」さん。
    おっしゃるとおりだと思います。
    すべてのキリスト教会にスキャンダルが発生する余地があると思います。
    弟子訓練教会がどの点で「聖霊第三の波」の教会であると認識するのかとのご質問ですが、ナザレン教団が大分以前に弟子訓練会はカリスマ運動であるから、関係を断絶すると声明を出したことがありました。
    それ位、一般的な認識となっていたと言うことです。
    しかし異言を認めませんので、これはペンテコステ運動やカリスマ運動ではなく、福音派教会内における聖霊運動である「聖霊第三の波」ということになります。
    では具体的にどういうところがそうなのかと言うことですが、実はかつて私自身が聖霊第三の波の信仰を持っていた関係上、弟子訓練教会がそうであることに疑いを持ったことがないのです。
    これでは説明になっていないと思われるかもしれませんが、この程度でお許しください。

    摂理は異端です。キリスト教ではありません。
    東京キリストの教会はカルト化した教会として有名ですが、自己改革の試みがなされているようです。(私自身は詳しく知りません。)
    ヨハン教会は日本の文化的特質を無視したため、トラブルが起きたと考えられます。
    よろしければ3月17日の私の記事をお読みください。そのことについて書いております。
    「謙虚になりたい」さんの最後のご意見はきわめて神学的な意見であると思います。
    (ふざけているのではありません。)
    しかしあくまでも私が考える限りにおいて、やはり聖霊第三の波の教理には致命的な欠陥・弱点があると思います。
    是非、聖霊第三の波の教会に関する私の記事をお読みくださり、ご意見を伺うことが出来ましたら、幸いです。

  10. arinopapa より:

    すいません。これにて休ませていただきます。

    これ以降のコメントは、申し訳ありませんが明日の午後以降に返答させていただきます。

    では、お休みなさい。

  11. 謙虚になりたい より:

    ありのパパさま
    有難う御座います。
    しつこいほどの私の質問に寛容をもって答えてくださいましたこと心より感謝を申し上げます。

    実は他の場所でこのような書き込みをしますと、いきなり他の方々から「聖霊第三の波の回し者」扱いをされますので、ホトホトセクショナリズムを刺激しかねない表現に関しましては神経質になるのです。申し訳御座いません。

    寧ろ私は現代ほどきちんとした(この表現でご寛容ください)教会論が必要な時代はないのだと思います。
    これはどの教団・教派も同様だと思っております。
    この話し合いを教派を超えて語り合うべきでしょうに、その前に話し合いを阻害する大きな雰囲気があるようです。

    他の教団の問題と考えている方はそれだけ問題が見えていないのだろうなぁと感じますが仕方がありません。

    このような普遍的な共通の論議をしたいのに、特定の教派・教団にレッテルを貼ることにだけ気が回るのは教派病もここに至れりと思うのです。

    尚、聖霊第三の波の特徴として「異言を認めませんので」と御座いますがここは微妙に違うのではないでしょうか?
    第三の波の方々は異言を否定しないけれど重要視しないのと、ペンテコステやカリスマの方々は聖霊のバプテスマを救われた後の第二の聖霊体験と考えるのに対して第三の波の方々はそれをキリストを信じた瞬間に同時に起こるもの考えているそうです。
    (高木慶太等著「今日における軌跡 いやし 預言」いのちのことば社)

    このブログでご教示くださったところをボチボチ読んでゆきたいと思っております。

    親切なご対応本当に感謝です。

    あ、因みに私はペンテコステです。単立ではありません。

  12. arinopapa より:

    こんにちは。「謙虚になりたい」さん。

    〇異言を認めないというのと、異言を重要視しないことは同じではないとのご意見ですが、聖書を神の言葉と信じる教会の中で異言を認めない人はおりません。
    なぜなら聖書が異言の存在を明確に認めているからです。
    ですから聖書信仰に立つなら異言の否定はあり得ないということになります。
    それでもなお、異言が嫌い(変な表現ですみません)ということですと逃げ場は「重要視しない」という立場しかなくなります。
    この「重要視しない」ということは、「私は実質的に異言を認めない。」と言っているのと同じことなのです。

    ○高木先生の本はペンテコステ運動を否定する立場から書かれた本です。
    だからなんだと言われればそれまでですが。

    ○これはありのパパの個人的希望なのですが、まずはじめにご自分の教派的立場・神学的立場を言われると良かったと思います。
    他のコメントしてくださる方も、「私はリベラル派のクリスチャンです。」とか「私は福音派のクリスチャンです。」と名乗られてからご自分の意見を表明しておられます。
    そうすれば、回し者扱いされることもないと思います。(まともなブログに限ります。2ch.は例外です。)
    健全な自己開示があるところに、健全な話し合いの雰囲気が生まれると考えます。

    ○これからもよろしくお願いいたします。

  13. 謙虚になりたい より:

    ありのパパさま

    有難う御座いました。

    ブログもようやく一読させて戴きました。読んでから書き込めばよかった点がいくつかありましたね。

    私は聖霊第三の波に関わったことがなかったものですから、どうにも分からなかったのです。
    ありのパパさまは聖霊第三の波の神学をご存知だったのですね。
    「この『重要視しない』ということは、「私は実質的に異言を認めない。」と言っているのと同じことなのです。」は合点しました。

    >○高木先生の本はペンテコステ運動を否定する立場から書かれた本です。
    了解しております。
    他教派の方とお話をするのに、その方々の理解のひとつとして拝読しました。
    高木先生もカリスマ・ミックス運動による「力の伝道」「癒し」「霊の戦い」「預言」について批判されておりましたが、1901年以来のペンテコステ運動の根幹まで手が回りきっていないと思いました。

    他教派・他教団の方々とも円満に話し合いがしたいと願っていますが、その意味でもこれからは信徒でもきちんとした聖書理解が必要だと思わされておりますのでご指導くださいませ。
    今は「聖霊のバプテスマ」船津信成著を牧師先生に薦められて読んでいます。

    これからもお願い致します。

  14. マッキー より:

    ありのパパさんへ

    もりもとさん、懐かしい~。
    あの無機質な感じだけど味わい深いコメントの数々、もう帰国してどこかで御活躍されているのでしょうか…。

    • ありのパパ より:

      こんにちは、マッキーさん。
      コメントをありがとうございます。

      そうですね。なつかしいですね。
      どこかでご活躍のことと思います。

      またコメントしてください。お待ちしています。
      (申し訳ありませんが、コメントの一部を削除させていただきました。ご了承ください。)