絶対失敗しない株式投資の五原則を知っていますか?

ありのパパは何年か前から株式投資を始めました。
なぜ株式投資を始めたかというと、ある日突然「必ず勝利する株式投資の五原則」が天から降ってきたからなのでした。
妄想を伴う統合失調症かなと思われた、そこのあなた。
あなたは正しいです。(なんちゃって)
実はありのパパもおかしくなったかなと思ったのです。
また悪いものでも食べたかなどと考えて見たりもしました。
そこで早速(さっそく)実行してみることにしました。(なんでやねん!)

ありのパパが神様から教えていただいたと思い込んでいる五原則とは以下のとおりです。

スポンサーリンク

①一割下がったら、即撤退

多くの方が買った値段より株価が下がっても売ることをいたしません。
そしてなすすべなく株価がどんどん下がっていくのを見つめるのみ。
なぜかというと、また上がるのではないかという根拠の全くない期待をもつからです。
その結果どんどん損失が拡大します。
そして資金が動かなくなります。これを塩漬けといいます。
これの解決方法は買った値段から、10%下がったら理屈ぬきに売るとあらかじめ決めておくことです。
これが出来ぬ人は株式投資を行う資格のない人です。
この文章を読んでいる段階では誰にでも出来そうだと思われますが、やってみると中々困難であることを知ります。
ありのパパは今までは何とかこの第一の原則を守ることが出来ております。

②一ヶ月15%上昇で売り(一年で3倍)

次に買った株が上がった場合です。これも難しい問題を含みます。
なぜなら人間は欲深い存在ですので、天井知らずにどんどん上がっていくかもしれないと妄想してしまうのです。
しかし一ヶ月間に15%上がると(これを繰り返すと)一年間で元金が三倍になります。
これ以上欲深くてどうするのでしょうか。
多くの方がまだ見ぬトラ算用で、手に入るはずの利益をみすみす逃してしまっています。
それを防ぐにはあらかじめ15%上がったら売ると決めておくことです。

③ヤコブ式投資法

これは旧約聖書のアブラハムの孫に当たるヤコブが行った方法です。
ヤコブは健康な羊同士だけを交尾させました。
それによって健康な羊をたくさん所有するようになったのです。

ここから私たちが学べることは、市場が強いときだけ株式売買を行うことです。
市場が強いとは、いわゆる「誰がやっても儲かる」ときです。
多くの人は「誰がやっても儲かる」ときに株を買うのですが、欲をかいて売り時(うりどき)を逃してしまいます。

④什一献金

何でここで献金が出てくるのかといぶかしむ人よ。あなたは何も分っておられません。
この世界のすべては神が支配しておられるのです。その神が什一献金を命じておられるのです。
儲けさせてくださるのは神様なのですから、その神様に利益の十分の一をお返しするのは当然のことなのです。
世界中に目を向けて、どこに自分の献金を必要としている団体があるだろうかと思いを巡らしてください。

アフガニスタンで活動しているペシャワール会か、アジア全域で活動しているアジア・アウト・リーチだろうか、それとも国連と連携して災害が発生するとどの国家よりも早く災害地に医師を派遣するAMDAだろうかと、祈りつつ思いを巡らしてみてください。

献金先を決めるとき、お金を大切に使っている団体を選んでください。
どうせ株式投資で成功するためにいやいや献金するんだから、献金先なんかどこでもいいやと考えているようなら、あなたの心をご覧になる神の助けを期待なさらないほうが良いでしょう。

祈りつつ、調べ、神に導きを求めるなら、神はあなたに支援すべき団体を教えてくださり、その原資をも豊かにおあたえくださるでしょう。

⑤伝道に用いる・神に栄光をお返しする

そして株式投資に成功したら、他の方々に教えてあげてください。
只で与えられたのですから、あなたも只で与えてあげてください。
そしてこの成功の秘訣をお教えするときに、イエス様のお話も付け加えてほしいのです。
株式投資においては機会を活かして用いることがとても大切であることが分ったら、救いについても機会を活かして用いることが必要であることを知っていただきたいのです。

◎平安と祝福を祈っています。