失望が絶望に変わるとき

スポンサーリンク

①失望という言葉を聞くとき、どんな印象を持たれるでしょうか?

プラスとマイナスでいうと、どのくらいの割合ですか。
ありのパパですと、プラスが35%でマイナスが65%というところでしょう。

②絶望という言葉はどうでしょうか?

ありパパの場合ですと、マイナス100%ですね。
そうです。人が失望したと言うとき、まだ希望を持っている場合が多いのです。
絶望したときは言葉通りで希望を持つことができない状態です。

③失望と絶望はどっちがよいか?

皆さんはすでに、多くの場合に失望するよりも絶望した方が良い結果を生むのをご存じでしょう。
失望がやってくるとき、人が陥るのは後悔ではないでしょうか。
絶望がやってくるとき、人が向かうべきところは神への悔い改め以外にありません。

④後悔とは何でしょうか。

自分で何とかできると考え努力するが、やっぱりなんともならない。
そして心を入れ替え、心気一転新しく生まれ変わった[気持ち]になって頑張ります。
そしてまた失敗します。[以下省略]
後悔とはすなわち、究極的破滅に向かって歩む一理塚にほかなりません。

⑤悔い改めとは何でしょうか。

このままでは本当に死んでしまう。
自分の人生をコントロールする力が自分にはないことをどこかで認め、神様にならこんな自分を救うことがお出来になると信じ、神様に自分の人生をゆだねてみることです。
これが本当の悔い改めです。

「後悔は永遠のほろびに至らせるが、悔い改めは後悔のない永遠の命に至らせる。」(聖書)

スポンサーリンク