聖書の伝道理解は、生きている間に自由意志を用いて決断すること

あるブログで、脅迫伝道と言われてもいいから伝道するという意見と、それはおかしいという意見がありました。
前者の方は福音派のキリスト者で、後者の方はリベラル派の信仰を持っておいでのようでした。
これについて興味深い多くの意見が出されました。
それで私も意見を述べてみることにしました。

スポンサーリンク

1.悔い改めてイエスを信じる時、五つのことが起きる

①罪の赦し(罪が赦されること)

②義認(義と認められること)

③新生(新しく生まれ変わること)

④神の子(神の子とせられること)

⑤永遠の命(永遠の命を持つこと)

こんなに豊かな救いのすばらしさを伝えるのは千の口があっても無理だと思われるほどです。
ですから私たちが福音を伝える時、これらの五つをバランスよく伝えられるように、罪人を憐れむ心(共感的理解)を持って伝道できるように祈ってまいりましょう。

2.神との和解、自分自身との和解、隣人との和解

神は私たちが真に自分自身と和解するために、まず御子による和解をくださいました。
そしてこの和解の福音を私たちに託されました。
周りの方々に和解の福音をお伝えする前に、その方々と私たちが和解していなければ、どうして和解の福音の伝道に耳を傾けてくださるでしょうか。
「あなた、伝道する前になすべきことがあるんじゃない?」(もちろんそれはその人たちとの和解です。)
ですから福音が人々に到達するために五つの段階があります。

①御子の十字架によって、自分が神と和解する。

②和解の福音によって、もう一人の自分すなわち自分自身と和解する。

③自分の中に和解が満ちたら、その和解を持って他者(隣人)と和解する。

④そしてその他者(隣人)に神との和解の必要を伝え、御子の十字架を伝える。

⑤ついに時が満ちて、その方のうちに救い(神との和解)が成就する。

このように伝道は徹頭徹尾、和解に始まって和解によって完成するのです。

3.脅迫的な伝道方法

①脅迫伝道の倫理的問題

脅かしによる伝道が心理的テクニックを使うなら、それは国家による信仰の強制(原理主義)と同じくらい悪いことです。

②福音の豊かさと脅迫的伝道

こんなに豊かな福音の内容を持っているのに、なぜ脅かしに見えるかもしれない方法をとる必要があるのでしょうか?
全くありません。

③自分自身を赦している人は、他者を脅かすようなことをしない

人間関係は自分と自分自身の関係の投影だと言われますから、脅かしに見えるかもしれない方法で伝道するのは、もしかしたらまだ自分自身を赦していない、「ありのままでいいんだよ」と言ってあげていないことが原因かもしれません。

私たちは天に移されるそのときまで、自分育てに精を出しつつ、人様をお育てし、そしてこのような味わい深い人生をお与えくださった主に栄光をお返ししつつ、「この道」を伝えてまいりたいものです。

④人は神の前で責任能力のある存在

人間は自由意志を用いて正しく選択することが、神の助けによって可能です。
自由意志によって信じないという選択をくだすなら、私たちは、その決断を尊重しなければなりません。
なぜなら人は神の前で人格的存在だからです。
このような理解に基づいて伝道がなされるとき、心配されるような「脅迫伝道」がなされるとは到底考えられません。

スポンサーリンク

4.万人救済主義の問題

この問題を俯瞰するときに気づくことがあります。
それは脅迫的伝道を是とする人々は「生きている間にしか救われるチャンスはないから、脅迫的であっても仕方ない」と考え、脅迫的伝道をしてはならないと考えるリベラル派キリスト者の方々は「死後にも救われるチャンスはあるから、そんなに頑張って伝道しなくてもよい」と考えているフシがあることです。

ですからこの問題を考えるとき、万人救済主義やセカンド・チャンスの問題を避けてとおることはできません。

①聖書からは「死後の救い」は絶対に出て来ない

聖書のどの箇所も「生きている間に主とお会いする用意をせよ」との主張に満ちています。

生きている間に信じたほうが、死んでから信じるより、被造物にはふさわしいなどという主張は欺瞞でしかありません。
そうではなく聖書は生きている間に主に会う準備をしないと大変なことになると警告しているのです。

②神は宣教を人間にゆだねた

死後の世界では神が直接、死人に福音をお語りになるというのであれば、どうしてこの世においても同様に神が人にお語りにならないのでしょうか?

神が直接福音を宣教されて信じない人がこの世にいるでしょうか?
いいえ、ただの一人もいないと思います。

それではなぜ神は人に宣教の業をおゆだねになられたのでしょうか?

「神はみこころによって、宣教のことばの愚かさを通して、信じる者を救おうと定められたのです」(第一コリント1:21)

宣教の言葉とは、教会が伝道するということを指しています。
これが神の定められたことなのです。

では死後の世界では神はご自身の定められたことを反故(ほご)にされるのでしょうか?
いいえ、絶対にそんなことはありません。
なぜなら神はご自身のみことばに忠実であられるからです。

ゆえに聖書を神のことばと信じる限り、死後の救いはありえません。
なぜなら死後の世界には「宣教のことば」を語る者がいないからです。

③死後のさばきを言うことは残酷か?

死後のさばきがないならば確かに残酷であり、私たちは詐欺師ということになります。
しかしもし本当に死後のさばきがあるなら、これを言わないで福音を伝えることは詐欺以上の犯罪です。

また救いの積極的な面を同時に伝えることによって、悲惨な印象を最大限抑えることが可能です。
しかし、繰り返しになるが人間的な都合で福音の内容を薄めてよいものだろうか?
ありのパパには「神を恐れよ」との良心の声が聞こえてきます。

ある時、ありのパパの母親がこう言ったことがありました。
「死後の世界があるかどうか、死んで見ないと分らない」
そこでありのパパはこう答えました。
「死後の世界はあったと分っても、その時ではもう遅い」

そのときの母が見せた表情を忘れることが出来ません。
人間的な恐れなど露ほど感じず、被造物が神の前で厳粛に、さばきについて、死について、救いについて思いを巡らしているようでした。
人間として美しいと思いました。
これほど良く思索した結果、信仰を持たないという決断を下すなら、それはそれでよいとありのパパは思います。

祈り:神が私たちを一致に導いてくださるように。そしてこの時代にリバイバルを起こしてくださいますように。イエスの御名によって祈ります。アーメン。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

“聖書の伝道理解は、生きている間に自由意志を用いて決断すること” への2件の返信

  1. ありのパパさんへ

    六年前の記事に、のっけからなんなんですが、人に信仰が与えられて救われるのは、本当に不思議な主の業ですね。

    実は、同居している義父が先程洗礼を受けました。

    どんなに無関心で、頑なで、認知症状が進んでしまっていても、神にとっては不可能なことはないと、改めて学びました。

  2. こんばんは、マッキーさん。
    コメントをありがとうございます。
    そしてお父様の受洗おめでとうございます。
    神の御業の不思議さに驚嘆しますね。
    主に感謝と栄光をお返します。

    またコメントしてください。お待ちしています。

どうぞコメントをお残しください。初めてコメントなさる方は必ず自己紹介をお願いします。自己紹介のないコメントを承認することはありません。詳しくはメニューの「コメントしてくださる方へ」をご覧ください。