中国・家の教会やキリシタンと、現代日本のキリスト者が異なっている理由

中国・家の教会やキリシタンの時代と、現在の私たちの教会とは著しい差異があります。
その理由は何でしょうか?

スポンサーリンク

1.戦前のホーリネス教会弾圧のこと

ホーリネス教会の教職(牧師のこと)が一斉検挙されたとき、ホーリネス教会の信徒はクモの子を散らすようにどこかに逃げて行ってしまいました。
獄屋に閉じ込められた牧師を支援する者は、その家族以外にはおられなかったようです。

理由は命が惜しかったのと、迫害が怖かったのでしょう。
日本基督教団が政府の言いなりになったのも同様の理由によると思われます。

2.国家が暴走する原因

この弾圧の期間中、教会の人たちが何を考えていたかというと「平和な時代が来たらそのときはまた頑張って伝道しよう。今はこんな時代だし仕方ない」と考えていたようです。

よく言われることに、日本は一度走り始めるとブレーキがかからない。
こっぱ微塵に砕け散るまで止まらないというものです。

その原因は日本の教会の対応にもあるのではないでしょうか?
自分は何もしないでただ平和な時代が来ることを夢想しているのみ。
その間にも、自分の国が海外に出かけて暴虐の限りを尽くしていることもお構いなし。

国内からブレーキをかけるべきキリスト教会が何もしないのではブレーキが掛かるはずはありません。

3.迫害にあった時、異なる対応を取る原因

キリシタンは殉教をむしろ喜びましたし、中国・家の教会の信徒たちは自分たちで家の教会を組織しました。
これらと比べると現代日本のキリスト者たちの対応は非常に際立ちます。

あるお母さんが「子供のためなら自分の命はちっとも惜しいとは思わない」と言っておられました。
ありのパパを始めとして現代日本のクリスチャンたちが神のために命を落とすのがもったいないと感じるのは、本音のところで(自分たちの子供である)教会を愛していないからではないでしょうか?

◎教会は世の光、地の塩です。神から与えられた役割・使命を忠実に果たしたいものです。
平安と祝福を祈っています。

スポンサーリンク