四群点数法の食事(その2)

スポンサーリンク

①ありのパパが四群点数法に基づく食事を始めてから14年

その間、体重・腹囲は変わっていません。
体重は54kg、腹囲は73cmです。(身長は171cm)
なにか自慢げに書いていますが(実はちょっと自慢だったりもします)、これを維持するのに意識的な努力は必要ありません。

②習慣にしてしまえば維持するのは容易

どういうことかと申しますと、一日のうちに何をどれだけ、どのくらい食べるかが決まっているので、習慣になってしまえば半ば意識せずにそれを行うことが出来るということです。

他のダイエット法や食事法では、こうはいきません。
常に気を配る必要があります。
結果として、そのストレスが食べ過ぎにつながるという悪循環に陥ります。

③安易なダイエット法が失敗するのはある意味では当然

ちまたに氾濫するダイエットや食事法が失敗するのは当たり前とも言えます。

四群点数法は頭を使います。
と言っても九九を覚えられた方なら、どなたでも実行可能です。
しかも理想体形を生涯維持できるだけではありません。
むしろそれは副次的効果なのです。
この四群点数法による食事を摂ると、成人の一日あたりの栄養摂取基準を完全に満たすことが出来るのです。

④ありのパパはこの書籍で勉強しました

ありのパパは女子栄養大学の「正しいダイエット指導します」(小川万紀子著)を暗記するほど何回も読んで実践しました。

正しいダイエット指導します (Diet Recipeシリーズ)

スポンサーリンク