『ありのままでよい』という理解を体験的に自分のものにするには?

ありのパパがどのようにしてありのままの自分を受け入れることが出来るようになったかをお話します。

スポンサーリンク

①カウンセリングの授業のなかで公開カウンセリングの実習がありました。

そのなかでありのパパはクライアント(カウンセリングを受ける人)の役をやりました。
そのときのありのパパの問題は、ある女性信徒のふるまいが気にさわってしょうがない。
すべての人を赦さなければならないのに、それができない。
こんな私は教会の世話役としてふさわしくないというものでした。

②そのときのカウンセラーの応答は、次のようなものでした。

カウンセラー:旧約聖書のイザヤ書 43:4には『わたしの目には、あなたは高価で尊い。』とある。
神はあなたのことをなんと言っているか?

ありのパパ:高価で尊いと、言っています。

カウンセラー:あなたは自分自身のことをどう言っているか?

ありのパパ:こんな自分ではだめだと言っています。

カウンセラー:あなたの主は誰か?

ありのパパ:イエス・キリストです。

カウンセラー:ではあなたは誰の言うことを受け入れるのか?

ありのパパ:イエス・キリストです。

カウンセラー:そうすると、あなたはどのような存在か?

ありのパパ:高価で尊い存在です。

ここで公開カウンセリングは終わり、ありのパパは自分の席に戻り、教壇のところでは次の人が公開カウンセリングを受け始めました。

③自分の席にすわっていたありのパパに、聖霊である神様がカウンセラーが語ったのと同じ言葉を語ってくださいました

そのときありのパパは心の中で「そんなわけないじゃないか!駄目なままでいいわけないじゃないか!」と思わず反論しました
そうすると神はまたも語られ「あなたはそのままで良い。わたしがあなたを通して働くから、あなたは駄目なそのままで良い」
ありのパパの目から涙が流れ落ち始め、それは人目をはばからず号泣となりました。

そのとき以来、自分が神の目に高価で尊い存在であることを疑ったことは一度もありません。

◎あれから30年がたちました。
今も変わらず「ありのままのあなたがすばらしい」と神の言葉を心にちょうだいしております。
神様に感謝をお献げいたします。

スポンサーリンク

コメント

  1. reiko より:

    ありのままのあなたがすばらしい、という本を読みました。
    神さまは確かにありのままの自分を受け入れて、どんな罪でも赦してくだるというところからスタートしますね。

    私もそうでした。が、自分をすべて明け渡さないと神は受け入れてくれません。
    神を侮り続けて、自分の願うように、自分の願う時に、自分のやりたい方法で、という身勝手な信仰。
    自分にとって聞こえのいいみことばを選ぶ、解釈をする。

    そんな自分には「ありのまま」はありえないと思っています。

    • arinopapa より:

      こんにちは、reikoさん。
      コメントをありがとうございます。

      信仰のはじめを十字架でスタートしたのに(ありのままでよいということ)、あとから行いで救いを完成しようとすることを律法主義と言います。
      神はこれを忌み嫌われます。
      ですからはじめから終わりまで永久までも「ありのまま」で良いのです。

      またコメントしてください。お待ちしています。