十字架を背負うとは捨て身で生きること

『わが神、わが神。どうして、わたしをお見捨てになったのですか。』(現代訳聖書)

        

死んだつもりになって頑張るのと、本当に自分に死ぬのはちがうこと

死んだつもりになって頑張るというのは、死んだフリをするということです。
それに対して本当に自分に死ぬとは、再び生き返らない覚悟で歩みをすすめるということです。

イエス様は十字架のうえで本当に父である神に見捨てられました。
見捨てられた気持ちになったのではありません。

本物とイミテーション(まがいもの)のちがいは、決して引き返さない覚悟を持って前に進むのか、それとも都合が悪くなればいつでも決心をほごにするつもりでいるかのちがいです。

さて、あなた(そして私)はどちらの生き方を選び取りますか?

あなたには、(そして私は)本気で十字架につく覚悟があるでしょうか。
それとも雲行きが怪しくなれば、いつでも十字架から降りるつもりでいるのでしょうか。

こちらの記事もどうぞ

  • 命にいたる悔い改めと死にいたる後悔と命にいたる悔い改めと死にいたる後悔と 「神の御心に沿って悲しむなら満足すべき悔い改めに至るが、世俗的な悲しみは命の死をもたらす」〔コリント教会への手紙第二07:10〕 1.命にいたる悔い改めとは何か? ①問題がない振りをしない 問題がない振りをするこ […]
  • ヘイトスピーチについて聖書はどのように教えているか?ヘイトスピーチについて聖書はどのように教えているか? 今日は皆さんとご一緒に聖書はヘイトスピーチについて何と教えているかを見てみます。 1.川崎市におけるヘイトスピーチデモ阻止について 先頃、ようやく我が国でも「ヘイトスピーチ禁止法」が成立しました。 言論・表現の自 […]
  • 無力を認めた振りと真に無力を認めたことの違いはどこに現れるか?無力を認めた振りと真に無力を認めたことの違いはどこに現れるか? 1.預言者エレミヤとユダの民の対立の真の原因 「ユダは本心ではわたしに立ち帰ろうとせず、立ち帰るような素振りをしただけであったと主は仰せられる」[エレミヤの預言4章10節] この当時、主の民はイスラエルとユダに […]
  • もしあなたの上司がキリストだったら?もしあなたの上司がキリストだったら? 「人の下で働く人は、キリストに従うように自分の上に立つ人に従いなさい」[エペソ教会への手紙6章5節] 1.上司がキリストのような人でなかったら? 「キリストのような人だったら、従えるんだけどね」とおっしゃる方よ。 […]
  • あるべき親子関係について聖書から学ぶと、親子の問題は解決する!あるべき親子関係について聖書から学ぶと、親子の問題は解決する! 聖書的な親子関係とはどのようなものでしょうか? 親子関係について聖書が教えている箇所を見ていきます。 1.聖書が子どもに教えていること ①子どもは、主を信じる者として自分の両親に従いなさい。それは主に喜ばれることだ […]