アダルトチルドレンの問題リスト

スポンサーリンク

1.私たちは人が恐いので、まわりから孤立するようになった。

2.私たちは自分が何者か分からないので、他からの承認を病的なほどに求める。

3.(私たちは人が恐いので)人が怒っていたり、それが何であったとしても批判・噂話・陰口を聞くと怯える。

4.自分は人が恐いという事実に直面しないために、私たちは自分自身が依存症になったり、依存症者と結婚したりする。また、さまざまな強迫的な問題を抱えた人をわざと見つけて、病的な見捨てられ欲求を満たそうとする。

5.(私たちは人が恐いという自覚を持っているゆえに)自分の人生を被害者の視点で生きている。

6.私たちは自分の性格上の欠点を見ないために、自分の世話をしないで他人の世話をする。それは表面的には行き過ぎた責任感として現れる。

7.私たちは『人が恐い』ので、他者の意向を考慮せずに自分の意見を述べると、偽りの罪悪感を感じる。

8.私たちは(人が恐いと感じる)自分自身を見ないですむために刺激に嗜癖するようになった。

9.私たちは人を哀れむことを愛と勘違いし、自分が救ってあげれそうな人を選ぶ。そうすることで『人が恐い』という自分の欠点を見ないですむ。

10.私たちの子ども時代は悪夢のようであり、正視(しょうし)できるものではなかった。それで生き延びる術(すべ)として自分の感情を感じないために自分の本音を心の奥底に閉じ込めた。(否認)

11.私たちはありのままの自分を受け入れられたことがないので『自分はこれでいい』という自覚をもてないまま大人になった。それゆえに自分自身を限度を超えて厳しく裁く。また自己評価も非常に低い。

12.私たちは人が恐いので、その反動としてとても依存的になる。なぜなら人に依存している間は自分の中の『人への恐れ』を見ないですむからだ。そして私たちは見捨てられることを病的に恐れる。子ども時代に経験した見捨てられる痛みを再び味わわないためなら何でもやってのけるほどである。

13.私たちは適切に考慮したうえで行動する人ではなく、闇雲(やみくも)に脊髄(せきずい)反射的に行動してしまう人である。

14.アルコール依存症は家族の病気である。私たちは「擬似アルコール依存症者」になり、その病気の特徴を受け継いでいる。

(問題リストに書かれてあることの回復方法として統合作業があります。お知りになりたい方は下記をクリックしてください)

アダルトチルドレンの12ステップで行う回復のための統合作業(1〜14)

スポンサーリンク